GTNET岡山

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. GTNET岡山
  3. 新制度の落とし穴

GTNET岡山

GTNET岡山086-738-0300
2020年10月30日

新制度の落とし穴


最近バドミントンサークルで身体動かすだけじゃ物足りなく感じ、続けてフットサルに参加するようになりました。

はいどうも、GTNET岡山サービスのメカマンです。

皆さん、最近車検の制度でシート関係のことが変更されたことをご存じですか?

私も最近知ったのですが、社外シートを入れてる車に対して、シート本体とシートレールが同一メーカーでないと適合状態にならないということになったそうです。

 

どういうことか、と言うと?

 

例えば、有名なメーカーさんだとレカロやブリッドがありますね。

勿論、両者共に品質も良くて一般公道で使うものには車検対応ですね。

きちんと強度証明の用紙も発行してくれます。

 

ですが、だからと言ってシートがレカロ、レールがブリッドで車検を受けようとしてもこれではアウトになります(逆も同じです)。

シートもレールも同一メーカーで揃えることによって、初めて強度証明等の書類が効力を発揮するそうです。

まぁでもシートなんて頻繁に変えるものでもないし、シートとレールをセットで発注するってのが一般的かと思います。

ただし、中古車となると話は変わってきますよ。

 

中古車選びのお気に入りポイントとしてシートが社外品に変わってるという理由で購入し、後々レールだけ再利用してシート本体は別の新品を付けるってなった時。

さあ、まずはレールごとシートを外して車外に出しましょう。

レールを外して新しいシートに再組付け・・・と思ったその時!!

「レールとシートのメーカー違うやん・・・Σ(・□・;)」

こうなってしまうと乗り心地がどうこう言うよりも車検に通らないという問題に直面してしまいますからね。

 

皆さんも社外シートに替える時は気をつけてくださいね~。

 

ではまた。IMG_2593 IMG_2594




スポーツカーの中古車情報ならGTNET