GTNET岡山

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. GTNET岡山
  3. 2021年3月

GTNET岡山 / 2021年3月

GTNET岡山086-738-0300
2021年3月28日

そろそろ春の交通安全運動!!


足車は改造しないと決めても、持ってしまったら結局色々やってしまう系の人種です。

はいどうも、GTNET岡山サービスのメカマンです。

 

まもなく新年度になりますね。

この時期になってくると、新社会人の方が新たに運転免許を取得されて、初心者マークを貼って仲間内で楽しそうに運転されているところをよく見かけます。

うん、いいことですね~♪

いつか若者の車離れも無くなってくれたら嬉しいです。

 

さて、いきなりですが自動車を運転する上で1番大切なことがありますね。

嫌でも何だかんだで殆どの方がきちんと守ってらっしゃるアレ。

そうですね、道路交通法です。

あまり好ましい情報ではないですが、岡山県は交通ルールをちゃんと守らない人が多いそうです・・・

細くて見通しの悪い道で爆走したり?・・・ウインカーを出さなかったり。

無理矢理割り込みをしてきたり?・・・ウインカーを出さなかったり。

無駄に車間距離を詰めてきたり?・・・ウインカーを出さなかったり。

とにかく岡山県の人はウインカーを出さないってことで少し有名らしいですね。

私の県外の友人にも「岡山の人はウインカー出さないから怖い」って言われた覚えが何回もあります。

曲がりながらウインカーを出す方がいますが、アレも出してないのと一緒ですよね。ww

きちんと30メートル前から作動させ、旋回が終わるまで点滅させるって・・・教習所でお勉強しましたよね?

私も過去にそれが原因で横から突っ込まれそうになったことが何回もあったので・・・。(-_-;)

走り出してから停車するまで1回も曲がらないならいいですよ?(そんなことほぼないですけどw)

 

皆さんも、ドライブを楽しむ際は最低限道路交通法は守りましょうね。

そうしないと、白と黒のツートンカラーで赤色のライトをくるくる光らせた車に、廻りに聞こえる声でご指名されちゃいますよ。(^-^)

また、「慣れ始めた頃が1番危ない」とよく耳にしますが、まさにその通りだと思いますので、経験年数問わず皆さん時々でいいので初心に戻るようにしましょうね。

自分の身体と車を守るための交通ルールです!!

 

今年の春の交通安全運動は4/6~4/15で行われます。

この期間は特に交通安全を意識して運転をしましょう!!(日頃もですが・・・)

 

ではまた~♪

text_car_anzen_unten



 

<店舗情報>

郵便番号:700-0941

住所:岡山県岡山市南区青江6-3-29(GTと書いてある赤いタワーが目印です)

TEL:086-738-0300

営業時間:10:00~19:00(整備・車検見積は18:00まで)

定休日:火曜

2021年3月25日

Mr.画伯(後編)


はいどうも、GTNET岡山サービスのメカマンです。

前回の続き、サイドスリップ調整ですね。

早速いってみましょ~♪

 

そもそもサイドスリップで何を見ているか、ですが。

簡単に言えば、「まっすぐな車体に対して、左右タイヤホイールがどれだけ内側又は外側に向いているか」ってことです。

パッと見ると・・・どれも同じでまっすぐですよね~笑

・・・。

そのタイヤホイール、「本当のまっすぐ」ですか??(@_@。

 

では実際に測定してみましょうか♪

ここにサイドスリップテスターというものがあります。

 

IMG_3042

 

この左右のねずみ色部分の上を、それぞれ右前タイヤと左前タイヤが通過することによって画面に数値が出てきます。

そして調整前に実際に出てきた数値が「IN (イン)5.9」という数値でした。

インが進行方向に対してタイヤが内側に向いている、反対にアウトが外側に向いているということです。

数値が0(ゼロ)に近いほどまっすぐに近い、ということです。

つまりこの状態だと内側に5.9傾いているということですが、保安基準範囲はインアウト共に5.0までなので、これだと基準外になってしまいますので、左右タイロッドで調整する必要があります。

そして調整した後の数値がこちら。

 

IMG_3043

 

アウトの0.2ですね。。。殆どまっすぐです♪

これで解決~☆( `ー´)ノ

 

ちなみに、サイドスリップ数値が基準外だと何がいけないのか。

まずはこちらを見て頂きますか、はいドーン♪

 

b7b2c775c30cd757c29ebca2a3c8951e - コピー (3)

 

出た~変な絵!!と思ったそこのあなた、大正解です。(゜-゜)

分かりやすいように少しアバウトに描いてみました。(本来は構造的にこんなに角度が付くことはありません。)

 

車ってのは、リバースギヤに入れない限り必ず前に進みますね。(勾配の急な上り坂等の状況にもよりますが。)

その時、タイヤの向きが基準限度数値を超えた向きをしていると、色んな弊害が出てきます。

タイヤが偏摩耗したり、ハンドルが震えたり、アクセル踏んでもあまり加速感がなかったり、ジョイント部分に掛かる負荷が増えたり。

簡単に言えば、壊れやすくなるってことですね。

でもそんなのテスターに乗っけてみないと分からないじゃんって思う方。

もしかしたらタイヤを見れば分かるかもしれませんよ☆

過大なトーインやトーアウトの場合、そのまま走行すると偏摩耗を起こしやすくなります。(;・∀・)

例えばトーアウトの状態だと、進行方向に対してタイヤの内側に負荷が掛かりやすいので内側だけが異常に早く摩耗していきます。

逆にトーイン状態だと、タイヤの外側だけ摩耗が早くなります。(※その他アーム類の調整具合によっても変わってきます。)

ちなみに、このトーやキャンバー等の角度を1輪ずつ細かく測定調整していくと、ホイールアライメントの問題になります。

 

出来るだけ簡単に分かりやすく書いたつもりなんですが・・・分かりましたかね?笑

じゃあこのへんで。

ではまた~♪

 

※各部品の取り付け箇所や構造及び作動方式は車種によって異なります。



 

<店舗情報>

郵便番号:700-0941

住所:岡山県岡山市南区青江6-3-29(GTと書いてある赤いタワーが目印です)

TEL:086-738-0300

営業時間:10:00~19:00(整備・車検見積は18:00まで)

定休日:火曜

2021年3月7日

Mr.画伯(前編)


はいどうも、GTNET岡山サービスのメカマンです。

 

今回はサイドスリップ調整のお話。

車検でホンダCR-Zのお客様にご入庫頂いたのですが。

交換部品数か所に加え、サイドスリップの数値が大きく基準範囲外だった為、再調整をする必要があります。

それでは早速、いってみよ~♪

 

と、その前に。

まずは少し詳しく車の構造を見ておきましょうか。

はい、どーん。

 

IMG_3037IMG_3039

 

分かりやすいなぁあああああああ!!(・∀・)

・・・・・はい。

画像は左側だけ書いていますが、右も同様に左右対称の構造なので。

 

そもそも旋回時って、このあたりの部品がどう動くのか。

まずタイロッドエンドやロワアームがハブナックルに接続されている部分、ここにはボールジョイントが使われています。

このボールジョイント部分はガタが発生していない良品状態だと、上下左右方向にはガッチリ固定されていますが、その場でクルクル回るようになっています。

 

例えばこの車両の場合、左にハンドルと回すと軸となるステアリングシャフトが回転してギヤボックス内のギヤシャフトが右に移動します。

するとギヤシャフトに接続されているタイロッドとタイロッドエンドも必然的に右に移動します。

タイロッドエンドはハブナックルに接続されているので、右に移動したタイロッドエンドに引かれてボールジョイントの角度が変わりながら接続箇所が内側に引かれていきます。

ロワアーム接続箇所のボールジョイントはその場で角度を変えるだけになります。

CR-Zのような前輪駆動車や4輪駆動車は前側にドライブシャフトがあって、ミッションから出たシャフトはそのままハブナックルにブッ刺さっていますので、ブーツ内の等速ジョイントがハブナックルの向きの変化に対応してくれます。

これで左にタイヤの角度が変わっていく仕組みですね~。

絵で簡単に説明するとこんな感じですかね。

はい、どーん♪

 

b7b2c775c30cd757c29ebca2a3c8951e1b7b2c775c30cd757c29ebca2a3c8951e

 

何だこの小学生の落書きレベルみたいなふざけた絵はwww・・・と思った方。

これは小学生の落書きでも、古代エジプト文字ヒエログリフでもありません。

普通の大人が描いた・・・コレが私の精一杯の実力なんですw(;・∀・)

絵のギヤ形だとこんな動きにはなりませんが、実際のギヤBOX内のギヤは、ピニオンギヤ(斜めに歯が彫ってあると言うか、ウェーブ状と言うかw)というものを使っています。

まぁシンプル且つ簡単に書いた方が分かりやすいかな~って思ったんで!!(これ以上のクオリティを求められても自信がありません。)

 

さて本題に戻りますが、最初の画像写真の中にタイロッドを固定するナットがいらっしゃいますね。

これは、ナットを緩めてタイロッドをクルクル回すことによって、長さ調整ができるようになっているからです。(かなりシビアな調整ですww)

左右対称の構造なので勿論右側も調整出来る訳なんですが。

勘のいいイタズラ好きな私みたいな人間だと、ここで1つの考えが出てくる訳ですよ。

「じゃあ左は少しだけ長くして、右を極限まで短く調整してやろうぜ~♪」

なーんてことも出来ちゃうんですww

しませんけどね☆♪(走行中にハンドルとられるとか、そんな優しいレベルではなくなってきますのでw)

 

長くなりそうな話なので、今回はこのへんにしときましょうか。

ではまた~♪

 

※各部品の取り付け箇所や構造及び作動方式は車種によって異なります。



 

<店舗情報>

郵便番号:700-0941

住所:岡山県岡山市南区青江6-3-29(GTと書いてある赤いタワーが目印です)

TEL:086-738-0300

営業時間:10:00~19:00(整備・車検見積は18:00まで)

定休日:火曜



スポーツカーの中古車情報ならGTNET