スーパーフォーミュラー2018 Round.1 - イベント・レースレポート

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. 国内イベント・レースレポート
  3. スーパーフォーミュラー2018
  4. Round.1

スーパーフォーミュラー2018 Round.1

2018年4月23日

2018年開幕戦、山本尚貴がポール・トゥ・ウィンを達成!


4月22日、三重・鈴鹿サーキットにおいて全日本スーパーフォーミュラ選手権「NGK SPARK PLUGS SUZUKA 2&4 RACE」の決勝レースが行われ、ポールポジションからスタートを切ったNo.16 山本尚貴(TEAM MUGEN)が完璧なレース運びを披露し、トップでチェッカー。2年ぶりの優勝を果たした。

安定した快晴に恵まれた開幕戦鈴鹿。決勝日を迎えたこの日は、レースウィーク一番の陽射しとなり、路面温度の上昇が予測された。決勝スタートは午後1時50分。気温26度、路面温度40度というコンディションの中、300km、51周による戦いが幕を開けた。

スタートからホールショットを決めた山本に対し、予選2番手のチームメイトであるルーキー No.15 福住仁嶺も負けじと山本に喰らいつき、スタートを成功。ところが3番手スタートのNo. 5 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)は蹴り出しは良かったものの、その後失速。瞬く間に後続の中へと飲み込まれてしまった。結果、オープニングラップから激しい攻防戦が展開され、細かくポジションの入れ替わりが見られた。

一方、逃げる山本に対して福住も負けじと追いかけるが、その背後からNo.17 塚越広大(REAL RACING)が詰めより、あっさり逆転。実のところ塚越は上位陣と同様のミディアムタイヤを装着しているものの、燃料を軽くして2ストップ作戦を採っていたため他車より勝るスピードで2番手に浮上した。スピードに乗る塚越はオーバーテイクシステムを使い、トップ山本に大接近。再三逆転のチャンスを伺うも、決定打に賭けることとなり、そのまま周回を重ねることになった。

レースは51周の戦いながら、早くも12周終わりでピットインする車両が現れる。No. 4 山下健太(KONDO RACING)は2ストップ作戦を採っており、このあとミディアムーソフトと2度のピットインで戦った。するとこれを境にソフトタイヤ装着車が1台、また1台とピットイン。さらにミディアムタイヤで2ストップ作戦を立てた塚越も19周終わりでピットに戻り、今度はソフトタイヤを着けてコースに復帰した。

ソフトタイヤ装着車でもっとも周回を重ねたのはNo.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)。24周までピットインを伸ばしたあと、ミディアムタイヤへと交換した。ピット作業が全車最短で完了した関口は、その後さらにペースアップ。コース復帰直後にはチームメイトのNo.20 平川 亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)とヘアピンで接触、ひやりとする場面もあったがそのままハイペースで周回を重ねていった。逆に関口を後方からプッシュしていた平川は、勢い余ってチームメイトと接触、クルマが宙を待った末にコースアウト。コース復帰は叶わず、戦いを終えている。

後半に入り、32周終わりでトップの山本がピットイン。ミディアムタイヤからソフトタイヤへと交換、給油を含めて19秒6と作業時間は長いほうだったが、全車ピットインが完了しても山本のトップは変わらなかった。しかし、ポジションの入れ替わりが激しかった2位以下は、関口を筆頭に、野尻、そしてNo. 1 石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)、No.65 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)そして塚越が続くこととなった。

2位に浮上した関口とトップ山本との間には、11秒ほどの差があったが、ペースで山本を上回る関口は、1周1秒以上という脅威のペースで2台の差を縮めていく。ただ、レース後の山本は、残り周回数を意識しながら走行を続けていたと言い、最終的に2台の差は1秒720まで縮まるも逆転には至らず。結果、山本が2016年開幕戦以来となるポール・トゥ・フィニッシュを達成した。また、2位の関口も自身鈴鹿初表彰台を果たし、3位には野尻、4番手には巧みなレース運びをモノにした石浦が続いている。

■第1戦鈴鹿 決勝結果(TOP6)

1.No.16 山本尚貴(TEAM MUGEN)1:29’25.365  51L

2.No.19 関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)+1.720

3.No. 5 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)+13.717

4.No. 1 石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)+15.881

5.No.65 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)+30.907

6.No.17 塚越広大(REAL RACING)+31.285

GN_SF1_F_0422_PH1

GN_SF1_F_0422_PH2



2018年4月21日

2018年スーパーフォーミュラ、初戦ポールは山本尚貴!


4月21日、三重・鈴鹿サーキットにおいて全日本スーパーフォーミュラ選手権が開幕。「NGK SPARK PLUGS SUZUKA 2&4 RACE」の予選が行われ、波乱の展開を見せる中でQ3のトップタイムをNo.16 山本尚貴(TEAM MUGEN)がマーク。2016年開幕戦以来のポールポジションを手にした。

前日に行われた公式練習時から快晴に恵まれた鈴鹿は、予選日もまぶしい陽射しの中、気温、路面温度も上昇して初夏を思わせるような陽気となった。まず、朝のフリー走行でトップタイムをマークしたのがNo. 5 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。セッション中は2度にわたり赤旗提示となり、走行が中断されたが、終盤にソフトタイヤを装着してアタックし、1分38秒509のトップタイムをマーク。手応えあるセッションを終えた。

今シーズンからソフト、ミディアムの両スペックタイヤによる戦いを展開するスーパーフォーミュラ。一方でノックアウト予選ではQ1でのミディアムタイヤ装着が義務付けられており、まずは全19台によるアタック合戦が開始する。朝のフリー走行でスクラブタイヤを用意し、タイミングを見計らってアタックを行うクルマも多い中、まずQ1でトップタイムを叩き出したのが、ルーキードライバーのNo. 6 松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)だった。

ニューカマーの躍進に刺激を受けたか、Q2では勢い余ってNo.20 平川 亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)がアタック中にコースアウト。これで赤旗提示となってセッションが中断する。これで泣きを見たのが、計測2周目でのタイムアタックを予定していたドライバーたち。その中には、Q1トップだった松下の姿もあった。さらに、すでにアタックを終えたドライバーたちの中からも、ライバルのタイムアップを警戒してQ3で使う予定だった新品のソフトタイヤを追加投入する者が現れた。予定外の状況下で改めて行われたアタックだったが、結局トップに名を刻んだのは赤旗前にトップタイムをマークした野尻だった。

そして迎えたQ3。Q2でコースアウトを喫した平川は8位でQ2を通過していたためQ3での出走が可能だったが、マシンの準備が間に合わず出走を見合わせたため、残る7台がポールポジションを目指してアタックを開始する。Q2で予定外だったソフトのニュータイヤを装着し、Q3へ進出したドライバーは3人。惜しくも上位タイムを刻めず、ソフトのニュータイヤをQ3まで温存していた4人がトップ争いを展開。その中で1分36秒911のタイムをマークした山本が自身通算9度目となるポールポジションを獲得することに成功した。2番手に続いたのは、山本のチームメイトであるNo.15 福住仁嶺(TEAM MUGEN)。彼もまたルーキーながら山本との差はわずか0.08秒と大健闘。存在感をしっかりアピールした。3番手には野尻。こちらもトップ山本との差が0.1秒という僅差でのアタックを見せた。

今大会の決戦は、通常よりも50km長い300kmでの戦い。2スペックのタイヤをいかに使うか、またピットインのタイミングなどそれぞれのチームが緻密な戦略をもって戦うことになるのは必至だ。

■第1戦鈴鹿 予選結果(TOP6)

1.No.16 山本尚貴(TEAM MUGEN)1’36.911

2.No.15 福住仁嶺(TEAM MUGEN)1’36.991

3.No. 5 野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)1’37.040

4.No.65 伊沢拓也(TCS NAKAJIMA RACING)1’37.935

5.No.17 塚越広大(REAL RACING)1’37.990

6.No. 1 石浦宏明(P.MU/CERUMO・INGING)1’38.342

GN_SF1_Q_0421_PH



2018年4月18日

SUPER FORMULA第1戦鈴鹿 プレビュー


開幕戦から、ベテランと若手が入り交じるバトルに!?

4月21、22日の2日間に渡り、三重・鈴鹿サーキットで全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦が幕を開ける。タイヤサプライヤーとして3年目のシーズンを迎えるヨコハマタイヤが、2スペックタイヤをフルシーズンに渡って提供することが決まる一方、ワンメイクマシンSF14はラストシーズンを迎える今年、さらなる戦略をもって戦うチームとドライバーの勇姿を見ることができそうだ。

 

■若手ドライバーの台頭に注目
遡ること過去2年は、GP2(現在はFIA F2)のチャンピオンが参戦、日本でのレースは初めてながら堂々とトップ争いを演じる姿に衝撃を憶えたファンも少なくないだろう。だが、そのポテンシャルの高さが国内ドライバーの闘争心に火を点け、毎戦多くのドラマと見どころを生み出すことにつながった。そして2018年シーズンはというと、GP2チャンピオンの”黒船襲来”はないものの、勢いある若手ドライバーの活躍に大きな期待がかかりそうな気配が見て取れる。

 

全11チーム、19台で競う今シーズンだが、ルーキー参戦に加え、その顔ぶれがそれなりに変化したことも新たなポイントといえる。F1へと巣立ったピエール・ガスリーはともかく、15年もの間、長くチャンピオン経験者としてその強さと速さを発揮してきたアンドレ・ロッテラー、そしてベテランドライバーとしては小暮卓史もSUPER FORMURAを去ることに。一方、海外からの新たなドライバーとしては、ピエトロ・フィッティパルディが全日本デビューを果たすことになった。フィッティパルディという名を見てピンとくる人もるかと思うが、彼は2度に渡りF1ワールドチャンピオンとなったエマーソン・フィッティパルディの孫。三世ドライバーとしてもかなりのビッグネームを持つドライバーだ。当の本人は、昨年フォーミュラV8 3.5のチャンピオンを獲得。今年は、SUPER FORMULAに留まらず、母国アメリカのインディカー・シリーズに7戦、また世界耐久選手権(WEC)のLMP1クラスに代役として2戦参戦するというのだから、かなりのハードスケジュールをやりくりしながら戦うことになりそうだ。

 

さらに今シーズンの注目ポイントとしては、若手日本人ドライバーの存在が挙げられる。日本国内のレース参戦をスキップ、早くから欧州のレースで武者修行した強者ふたりがデビューを果たす。過去にも若くして欧州のレースカテゴリーに参戦し、そのままF1でのデビューを果たしたドライバーとして中嶋一貴や小林可夢偉の存在は記憶に新しい。だが、今年デビューを果たす彼らは、SUPER FORMULAの先にF1への挑戦を掲げている。つまり、このカテゴリーでチャンピオンを獲って、それを手土産に最高峰レースへ挑もうとしているというわけだ。24歳の松下信治、そして21歳の福住仁嶺のふたりは、シーズンオフのテスト時点から上位にタイムを刻み、果敢な走りを披露。勢い余ってコースアウトするシーンも見られたが、トライ・アンド・エラーを経験した上で来る本番に備えようという意欲でいっぱいだった。このほか復帰組のドライバーも実力者揃いだけに、まさに玉石混交の顔ぶれになった。

 

■レース距離延長の影響は?
開幕戦における別の変化。それはレース距離の長さだ。昨年は約200km、35周の戦いだったが、今年は約300km、51周での戦いになった。これにより必至となるのがタイヤ交換。しかも今シーズンは、すべてのイベントでソフトとミディアムの2スペックタイヤが導入されている上に、開幕戦では両スペックタイヤの装着が義務付けされている。どちらのスペックをどのタイミングで装着し、戦うのか。その戦略はチームの腕の見せどころにも直結する。膠着したレースの流れを一気に変えることにもなるピット戦略は、ライバルたちの動向にも影響を与えるほどの力を持っているだけに、さまざまなドラマが生まれること、間違いナシと言えるだろう。

 

一方、現在の天気予報によると今週末は好天気に恵まれ、気温の上昇もかなりあると伝えられている。初夏を思わせるような天気になれば、路面温度も高くなり、タイヤコントロールの見極めも重要なポイントとなるはず。ソフトとミディアムを適宜使い分けするためにも金曜日の練習走行から緻密なデータ取りを行うことになるだろうが、まだまだ未知数も多く、先の読めない部分が占めるだけに、チームとしての総合力が勝敗を左右することもありそうだ。

 

昨シーズンは忘れたころにやってきた台風の影響で最終戦の決勝レースがキャンセルされたSUPER FORMULA。その勇姿をいよいよ半年ぶりに見ることになる。果たしてシーズンオープナーの勝者は誰になるのか。楽しみは尽きない。

 

■主なタイムスケジュール
・4月21日(土)
10:15〜11:20 フリー走行
12:20〜13:10 ピットウォーク
15:45〜   公式予選(ノックアウト方式)
15 : 45〜16 : 05  Q1(19台→14台)
16 : 15〜16 : 22  Q2(14台→ 8台)
16 : 32〜16 : 39  Q3
17:00〜17:30 キッズピットウォーク

・4月22日(日)
08:35〜09:05 フリー走行
11:55〜12:45 ピットウォーク
13:50〜 決勝(51Laps)

 





スポーツカーの中古車情報ならGTNET