S660 ホンダ(HONDA) インプレッション | 中古車検索・中古車情報はGTNET

スポーツカー専門 GTNET

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

S660 ホンダ インプレッション2015年4月4日更新

GTNETおなじみのレーサー、青木孝行選手を迎え、S660 ホンダ(HONDA)のインプレに挑んだ。 テスト車輌は、S660 ホンダ(HONDA)。ホンダ(HONDA)最先端、独創のミッドシップ・オープンとはいかに?!
【総評】
現代の安全基準にオープンボディ、重くなる要素が多くなる中、ライトウエイトスポーツカーを重くしてしまっては意味が無いのだが、S660 は見事にクリアーしている。
【コンセプトとしての感想】
『ドライビングを楽しめる』という部分には疑う余地は無いね。この車の存在価値はそこにあると言っても良いぐらいなので、欲しい!と感じた人は即買いでしょう!色々と『細かい事が気になるとか』、『迷う』事があるのらな、他の"便利"な車を買いなさい。って言えるぐらいはっきりした車だね(笑)

青木孝行選手

S660 ホンダ(HONDA)2015年モデル

F1への復帰、NSXの復活などこのところ話題が欠かせないHONDAがあの名車、「BEAT(ビート)」の後継となる、「S660(エスロクロクマル)」をほぼプロトタイプからデザインを逸脱することなく、世に送り出してきた。
若い開発陣営から生まれた車両はどうなのか?前評判の割に残念な結果にならないのだろうか?
むしろ、車名をBEATとせずに1960年代のモータースポーツで活躍したS600(エスロク)やS800(エスハチ)のようにホンダの"S(エス)"に対する拘りは後のS2000にも表れる。
その"S(エス)"を復活させた意気込みを裏切らない素質をひしひしと感じることができたこのモデルはデビューモデルとは言え完成度は高い。
今後の追加モデル、マイナーチェンジではハイパフォーマンスのパーツや装備などドライバーを喜ばすアイテムが増えるのではないだろうか?

■2015年モデル
S660 ホンダ(HONDA)GTNET
S660 ホンダ(HONDA)GTNET
S660 ホンダ(HONDA)GTNET
S660 ホンダ(HONDA)GTNET
S660 ホンダ(HONDA)GTNET
S660 ホンダ(HONDA)GTNET

エンジン(ENGINE)

エンジンはターボ化されたこともあり、低中域でのトルク感が高くて乗りやすいね。エンジンサウンドも工夫されてある感じで耳障りでは無いけど、さり気なく演出されてる。ミッションは、軽自動車初の6速!シフトフィーリングは剛性感があり、とても良くこれも走りを楽しくしてくれる。

■エンジンルーム
S660 ホンダ(HONDA)GTNET
S660 ホンダ(HONDA)GTNET

エクステリア(EXTERIOR)

室内デザインはかなり好みですね。狭い空間で制約も多かったと思うけど、メーターのレイアウトや各スイッチの配置に無駄が無い。ゴチャゴチャ派手に付けてマンガっぽくなってないのが好印象。ただ、、センターディスプレイの表示は一昔前の車みたいもうちょっと格好よくしてほしかったな。贅沢かもしれないが、ステアリングにテレスコピック機能も欲しかったかな。

収納は皆無。この車、、最大の難点かもしれないが、基本的に1人乗りで荷物は助手席に!って使い方なら問題なさそう。

外観について、俺は好き!
これは好みが別れるだろうからそれ以上でも以下でもない。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET
S660 ホンダ(HONDA)GTNET

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

斬新な形状をしたヘッドライトは個性的でかず攻撃的な印象を与える

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

サイドのアクセントとなるインテークダクトはボディラインを更に引き締める

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

類を見ないドアミラーは手動格納ではあるものの視認性抜群。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

小洒落たドアトリムは遊び心も取り入れられている。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

いざという時のシティブレーキアクティブシステム (低速域衝突軽減ブレーキ+誤発進抑制機能)も頼りになる。
※メーカーオプション但し、6MT車は非対応

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

スポーティーで切削デザインのアルミホイールは思ったより軽量な印象を受ける。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

エンジンルームとリアバンパーの間には横レイアウトされたリアサイレンサーがチラリを覗かせる。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

エンジンフードからエンジンヘッドの「HONDA」の刻印が見えるトコロがにくい。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

ドライバーとナビゲーターを覆うようなリアエンジンフードは未来感を漂わせる。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

HSV、NSXなど次世代のホンダ車に採用されていっているテールデザインは後方からの視認性も高い。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

速度感応と意図的に昇降ができる可変リアスポイラー。なんと贅沢な装備だ。
※アクティブリアスポイラーは別途オプション

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

シンプルに「S(エス)」をアピール

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

上手く凹凸を設けたリアバンパーは立体感を与え、ボディの奥行きに印象を与える。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

センター出しマフラーからは乾いたエキゾーストノートを発します。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

ソフトトップの生地もしっかりしており、ピラーにも合って、色合いも良い。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

畳み方は片側から順に

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

左右両側を中央へ巻き寄せれば、簡単に取り外せます。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

取り外したソフトトップはトランクルーム(車両前方)内に収納できるのですが、このフードが何とダンパー2本で上がるので片手で楽ら~く。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

ソフトトップ収納ケースには走行中にバタバタ暴れないようにベルトストラップが装備されており、しっかり留めれます。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

更に底をめくると、パンク修理キットやパンタジャッキなどエマージェンシー関連が収納されている。


サスペンション&ブレーキ(Suspension&Brake)

走りは最上級ハイグリップタイヤの恩恵が大きいのだが、高いコーナリングフォースに負けないサスペンションとボディーですね。硬めのサスペンションだが、不思議と乗り心地は悪くない。突き上げ感はうまく逃がされておりマイルド。よほどハードに攻め立てないとグリップを失わないのでABS以外の電子制御は必要ないんじゃない?って思えるレベルです。

ミッドシップ特有の動きも健在で、本当にドライビングを楽しめる車です。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET
「ザ・ミッドシップ」という印象を受ける回頭性はドライバーのハンドリングが思いのまま。
S660 ホンダ(HONDA)GTNET
なんと、ヨコハマゴム製のハイグリップスポーツタイヤNEOVAが標準装備という反則技?!FRONT 165/55R15 REAR 195/45/16と異サイズをチョイス。

インテリア(Interior)

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

しっかりホールドするシートは着座位置も低くゴーカートに乗った感じな位、ローポジな印象。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

Dシェイプのステアリングは非常に握り易く疲れそうにもない。もちろん各種スイッチへの操作性もグッド。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

視認性、操作性の良いボタンレイアウトが軽自動車の空間を感じさせない。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

説明するまでもない、PUSHスタートスイッチ。やはりこれが無ければ始まらない?!なかなか粋な位置にスイッチがあります。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

シフトフィールも凄くよく、カチッカチッと心地よくシフトが入って行きます。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

様々なインフォメーションを表示してくれる、センターディスプレイはなかなか面白い試み。
※センターディスプレイはメーカーオプション

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

意外としっかりした大型のドアパネル。軽自動車だからとヤワな印象は皆無。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

あれ?なんかひとつスイッチが多いぞ。と思ったリアウィンドウ用のパワーウィンドウスイッチ。コレなかなかイケてます。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

スポーティーにレイアウトされた各ペダルはドライバーを選ばない馴染みやすい位置に。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

少ない収納スペースに何気なくカップホルダーが!カップホルダーですよね?!

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

AVユニットへの連結に使用する各種コネクターはこちらに集約。とても使いやすい位置です。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

グルーブボックス内に設置されたETCはスポーツカーにとって見えない位置で問題無い!
※ETCは別途オプション

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

フロアマットにもカーボン調をあしらって、スポーツ感を高めてくれる。

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

シート側面にはサイドエアバッグも

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

こいつがあることで、ベルトに手を掛けやすいですよね~

S660 ホンダ(HONDA)GTNET

もうタコメーターだけ見れればよし!という印象のメーターはイマドキのゴチャゴチャメーターと異なりとても見やすい!


ホンダS660 インプレッション(ストリート&ワインディング編)



スポーツカーの中古車情報ならGTNET