GTNETニュース :ホンダ、世界初の自動運転レベル3搭載車発売へ

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. GTNET NEWS
  3. ニュース一覧:2020年11月
  4. ホンダ、世界初の自動運転レベル3搭載車発売へ

ホンダ、世界初の自動運転レベル3搭載車発売へ

コラム

(2020/11/13)

今月11日、ホンダが「自動運転レベル3」に求められる国土交通省の形式指定を取得したことを発表した。同社のプレスリリースには、「これにより高速道路渋滞時など一定の条件下で、システムがドライバーに代わって運転操作を行うことが可能となります」と記され、早くも2020年度内に発売が予定される同社の高級セダン「レジェンド」に搭載されるという。実用化としては世界初となるとのことだ。

・国交省から初めての型式指定車両に
今年度内に発売する「レジェンド」への搭載が決まったレベル3の技術。国交省の”型式指定”の取得、つまり量産車として世界初の車両が誕生することを意味する。なお、自動運転レベル3の技術においては、ドイツのメルセデス・ベンツが発売予定の新型Sクラスにも搭載されることが発表されたが、2021年後半に市場投入する予定であるため、結果としてレジェンドが”世界初”の称号を手にすることになる。

日本で型式認証を受けた市販車両のうち、自動運転レベル3の技術を搭載する車両による公道の走行が認められたのは、今年4月1日。なお、自動運転・先進運転支援システムには5段階あり、レベル1から5でその内容が細分化されている。例えば初期のレベル1であれば、運転支援に留まり、その内容としては、衝突被害軽減ブレーキ(AEB)、先行車追従(ACC)、さらに車線維持支援(LKA)が該当する。その中でレベル3は「特定条件下における自動運転」に区分されており、具体的には高速道路走行中、渋滞時などにハンドルから手を離し、前を見ないでシステムに運転を任せられる機能を示す。この間、車載ディスプレイを注視(アイズオフ)したり、スマートフォンの利用、さらには読書や飲食(ハンズオフ)などが可能となる。今までもディスプレイを見ることはもちろんスマートフォンの使用を運転中にやっているのに、なぜ今さら?と思った方は要注意を。これらのアクションはすべて運転中に行う”ながら”行為。立派な”違法行為”での運転に該当する。だが、レベル3を技術を活用する自動運転中であれば、運転の主体はシステム側にあるため、”ながら”行為ではないという考え方になる。

ただあくまでも「特定の条件下」であるため、自動運転システムからヒト(運転者)へ引き継ぎ要求があれば、ヒト(運転者)は運転行為に復帰しなければならない。つまり、常にヒトが運転できる状態で”スタンバイ”していることが求められるわけで、また、実質的に解禁される内容は「車線変更を伴わない高速道路」での運転であり、「同一車線内の低速走行(時速50km以下)時」での自動運転になるのであり、夢のような”自由の利く”自動運転とは正直程遠いと言ってもいいだろう。

・ホンダが「世界初」となるレベル3車両となったのは
ホンダが今年11月に型式指定を国交省から取得できたのは、実用化に向けた法整備で日本が世界を先導しているためと考えられる。先述のとおり、同省では自動運転レベル3の市場化に向け、道路交通法および道路運送車両法の一部を改正。今年4月に改正法を施行したために実現したと言ってもいいだろう。参考までに、これに遅れること2ヶ月後の今年6月になり国際基準が成立。発効は2021年1月になる見通しだという。メルセデスの新型Sクラスへのレベル3技術の搭載も、この国際基準の発効が関係したものではないだろうか。

今回ホンダが認可を取得した自動運行装置は「トラフィック・ジャム・パイロット」と呼ばれるもの。新型レジェンドには、5つのレーダーと2つのカメラを装備。加えてレーザー光を使うセンサーである「ライダー」を5つ搭載する。これらが車両周辺の外界認識の役目を担い、周囲にある物体の形状まで詳細に把握するとしている。このほか、自車位置認識として高精度地図や全球測位衛星システムを駆使。またドライバーの状態を検知するドライバーモニタリングカメラ、さらには機能冗長化(バックアップ)として電源系統、ステアリング機能、ブレーキ機能をフォローする。セキュリティ面にも自動運転装置向けに必要な対応や装備が手厚くされており、他車から視認できるよう、ステッカーも貼付するという。

万が一の事故対応だが、システムによる自動運転であってもその責任は運転席に着座しているヒト(運転者)が負うのは当然のことであり、自動運転可能な車両が市民権を得るには安全面の精査を含め、まだまだ時間をかけなければならない。だが、「トラフィック・ジャム・パイロット」機能を搭載した車両に貼付される「AUTOMATED DRIVE」のステッカーがレジェンドだけに留まらず、一台また一台…と増えることも、近い将来に向けて十分に考えられることだと言える。

過去のニュース記事



スポーツカーの中古車情報ならGTNET