GTNETニュース :F1開幕戦、ロズベルグが勝利

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. GTNET NEWS
  3. ニュース一覧:2016年3月
  4. F1開幕戦、ロズベルグが勝利

F1開幕戦、ロズベルグが勝利

モータースポーツ情報

(2016/03/22)

今シーズンの開幕戦を迎えたF1GP。その舞台はオーストラリアのアルバートパーク・サーキットとなる。
今季から新たに導入された予選アタックの方式がうまく稼動せず、盛り上がりを欠くタイムアタックとなり、長いシーズンに向けて予選方式の見直しもささやかれることになった。
そんな中、ポールポジションを射止めたのは、メルセデスのルイス・ハミルトン。自身通算50回目のトップタイムだった。
また、僚友の二コ・ロズベルグが2番手に続き、今季も安泰ぶりをアピールしている。
一方、昨シーズン不振続きだったホンダエンジン搭載のマクラーレンは、フェルナンド・アロンソが12位、ジェイソン・バトンが13位に留まった。

・F1第1戦オーストラリア 予選結果(TOP6)
1 44 L.ハミルトン(メルセデス)1'23''837
2 6 N.ロズベルグ(メルセデス)1'24''197
3 5 S.ベッテル(フェラーリ)1'24''675
4 7 K.ライコネン(フェラーリ)1'25''033
5 33 M.フェルスタッペン(トロロッソ)1'25''434
6 19 F.マッサ(ウイリアムズ)1'25''458

12 14 F.アロンソ(マクラーレン)1'26''125
13 22 J.バトン(マクラーレン)1'26''304

迎えた決勝。まずポールスタートのハミルトンがスタートでミスし、後退。予選3位のベッテルにトップを奪われた。
レース序盤、2台のクルマが接触し、その1台がマクラーレンのアロンソであり、クラッシュ車両が宙を舞うなどの緊迫した展開に。
結果、セーフティカーから赤旗中断という事態となった。
仕切り直しとなったレースは当初の予定だった58周から57周となり、荒れた展開を制したのは、ロズベルグだった。

・F1第1戦オーストラリア 決勝結果(TOP6)
1 6 N.ロズベルグ(メルセデス)57周
2 44 L.ハミルトン(メルセデス)+8.060
3 5 S.ベッテル(フェラーリ)+9.643
4 3 D.リカルド(レッドブル)+24.330
5 19 F.マッサ(ウイリアムズ)+58.979
6 8 R.グロージャン(ハース)+72.081

14 22 J.バトン(マクラーレン)+1L
R 14 F.アロンソ(マクラーレン)DNF

過去のニュース記事



スポーツカーの中古車情報ならGTNET