GTNETニュース :Fニッポン第4戦、A.ロッテラーが逆転勝利をさらう!

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. GTNET NEWS
  3. ニュース一覧:2012年7月
  4. Fニッポン第4戦、A.ロッテラーが逆転勝利をさらう!

Fニッポン第4戦、A.ロッテラーが逆転勝利をさらう!

モータースポーツ情報

(2012/07/15)

決勝日は朝から不安定な天気雨に左右されることになった全日本選手権フォーミュラ・ニッポン第4戦富士。決勝直前も小雨が降っていたが、18台中1台のみがレインタイヤで出走するスタートを迎えた。
その後、小康状態が続く中、レース中盤を過ぎると雨が若干強くなる。その中でもしばしガマンくらべが続く。
中団グループがピットインを始めると、給油のあと、足下はレインタイヤへとスイッチ。大番狂わせが見られるかという期待もあったが、上位陣は慌てず騒がずの様子見を決めつけた。
その思いが届いたのか、トップ争いをする車両がピットに戻り始めた40周過ぎは、雨も止み、スリックでの走行に支障がない状態。結果、補給のみの短いピットストップで済ませてコースへと復帰した。
その中でアウトラップでタイムを稼いだのが、2番手にいたNo.2 中嶋一貴(PETRONAS TEAM TOM'S)。スタートでトップを奪ったNo. 7 大嶋和也(Team LeMans)をかわし、トップに返り咲いた。
だが、その背後にいたチームメイトのNo.1 アンドレ・ロッテラーが終盤に大逆転!8位スタートながら、不安定な天候を味方につけ、今シーズン2勝目を果たすことになった。
一方、チャンピオン争いのランキングでは中嶋がトップに立ち、4点差でロッテラーが2番手となり、前戦までトップにいた塚越がトップから6点差で3番手になった。



■第4戦決勝結果(TOP6)

1.No. 1 アンドレ・ロッテラー PETRONAS TEAM TOM'S 1:28'45.190 55周
2.No. 2 中嶋一貴 PETRONAS TEAM TOM'S +1.090
3.No. 7 大嶋和也 Team LeMans 1'38.674 +4.584
4.No. 8 ロイック・デュバル Team KYGNUS SUNOCO +30.292
5.No.20 松田次生 TEAM IMPUL +33.714
6.No.19 J-P・デ・オリベイラ TEAM IMPUL +52.702

記事・写真:島村元子/ TEXT&PHOTO : Motoko SHIMAMURA

過去のニュース記事



スポーツカーの中古車情報ならGTNET