GTNETニュース :自動車盗難被害『トヨタ ハイエース』が5年連続ワースト1位

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. GTNET NEWS
  3. ニュース一覧:2012年3月
  4. 自動車盗難被害『トヨタ ハイエース』が5年連続ワースト1位

自動車盗難被害『トヨタ ハイエース』が5年連続ワースト1位

その他

(2012/03/22)

日本損害保険協会は3月21日、「第13回 自動車盗難事故実態調査結果」を発表した。
ワースト1は「トヨタ ハイエース」で、2007年の調査から5年連続のTOPとなる。
この調査は、全国で発生した自動車盗難事故及び車上狙い事故において2011年11月に保険金を支払った案件を対象に実施されたもので、自動車盗難は683件あり、ハイエースは117件と全体の17.1%に及んでいる。
同協会はハイエースの盗難が多い理由として、盗難予防装置であるイモビライザーの標準装備が進んでおらず、セキュリティ面が低い事が自動車窃盗団の標的になったのではないかとしている。
盗難された車両は不法に解体された上に、不正輸出されるケースが多いと推測している。
また2位は「セルシオ」、3位「ランドクルーザー」とワースト3は全てトヨタ車となり、「ランドクルーザー」は前回よりも被害件数が急増してきているという。
一方、車上狙いの被害品トップである「カーナビ」は、件数と被害額ともに減少。
これは、ユーザーの防犯意識の向上と、防盗性能が高いカーナビの普及が考えられるとみている。



過去のニュース記事



スポーツカーの中古車情報ならGTNET