GTNETニュース :震災から1年 ディーラーオプション1500W電源供給装置「三菱自動車 MiEV power BOX」登場

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. GTNET NEWS
  3. ニュース一覧:2012年3月
  4. 震災から1年 ディーラーオプション1500W電源供給装置「三菱自動車 MiEV power BOX」登場

震災から1年 ディーラーオプション1500W電源供給装置「三菱自動車 MiEV power BOX」登場

その他

(2012/03/09)

震災からほぼ1年の3月9日、三菱自動車からi-MiEVやミニキャブMiEVのディーラーオプションとして大電力の出力が可能な電源供給車として使用するための「MiEV power BOX(ミーブ パワーボックス)」を新たに設置し、全国の系列販売会社を通じて4月27日(金)より発売を開始すると発表した。
(メーカー希望小売価格:149,800円、消費税込)

使い方は車両の急速充電コネクターに繋ぐだけ。AC100Vで最大1500Wを供給できる。一般的な家庭の一日の電気使用量が約9.5KW程度。駆動用バッテリー16.0kwhがフル充電されていれば約25%残した状態で一般家庭一日の使用量と同じ量を5時間から6時間連続して使用することが可能。三菱自動車では、家庭用だけでなく停電時の信号機にも供給できることを確認しており、EVを電力貯蔵装置の一部として考える「スマートグリッドへの実現」をも視野に入れている。従来の“環境問題への対応”に加えて“エネルギー需給逼迫への対応”という観点からのEVへの期待の高まりを受けて、三菱自動車では『MiEV power BOX』をはじめとした関連技術の研究・開発を進めている。


過去のニュース記事



スポーツカーの中古車情報ならGTNET