スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. GTNET新車・特集記事
  3. ブリティッシュ・ピュアスポーツカー ロータス・エキシージS 日本上陸!

ブリティッシュ・ピュアスポーツカー ロータス・エキシージS 日本上陸!

2013年7月27日 更新




2013年7月25日 六本木ヒルズ Hills Cafe/Spaceにて、イギリスの自動車メーカー ロータス・カーズの正規輸入総代理店であるエルシーアイ株式会社(代表取締役社長:高橋 一穂、東京都大田区)が2011年9月にフランクフルト・モーターショーで発表されたロータス・エキシージSの日本での発売を発表をした。同日に発売を全国正規輸入代理店にて開始した。価格は850万円。


エキシージは同社のライトウェイトスポーツカーとして人気を博したロータス・エリーゼのワンメイクレース用に開発された「スポーツ・エリーゼ」のロードゴーイング版にその名が与えられ誕生した。以降エキシージはロータスのエリーゼをベースとしたハイパフォーマンスモデルとして生産され続けてきた。2代目、フェイズⅡになり車体重量935kgという軽量な車体にトヨタ製2ZZエンジンにスイッチ、ロータス独自のチューニングとスーパーチャージャーを搭載したことにより、ポルシェなど1ランク上のスーパーカーとも渡りあえる力を手に入れた。


ロータス・エリーゼの殻を破っての大進化!

今回3代目となるエキシージSはエリーゼのどこかキュートなイメージから脱し、サーキットでのドッグファイターの様な速さと美しさを両立したエクステリアとなっている。ロータスのクルマの最大の特徴はストレートでの最高速ではなく、切れ味鋭いハイスピードコーナリングだ。それを安定に実現するため、エクステリアは「トータル・エアロダイナミック・パッケージ」を採用している。フロントスプリッター、リアディフューザーとリアスポイラーの組み合わせによりスムーズな空気の流れを作ってダウンフォースを発生させている。シャーシもモータースポーツと航空宇宙技術(!?)を組み合わせた強靭かつ軽量なパッケージを開発し、その車体重量は1180kgという軽量にまとまった。

 


心臓部はトヨタ・ハリアー等に搭載されている信頼性・環境性能の高い2GR-FE型 3.5L V6 VVT-i + Harrop製スーパーチャージャーを搭載したことによって350ps、400Nmというハイパワーを手に入れた。それに組み合わされるミッションはV6エンジン+スーパーチャージャーのパワーを最大限生かすため、3速から6速までがクロスセッティングされている6MT。

 

それを支える足回りにも余念がない。サスペンションはダブル・ウィッシュボーンにビルシュタイン製、スプリングはアイバッハ製という組み合わせだ。ブレーキもサーキットでの実績があるAPレーシング製の4POTブレーキキャリパーを採用している。すべてモータースポーツ活動で得た経験を応用して最適化したコンポーネントを搭載するというロータスならではの拘りが見える。タイヤ・ホイールも軽量ホイールにエキシージS専用に開発されたPIRELLI P ZERO Corsaを標準設定とした。オプションで更なるドライコンディションでの走りを極めたいというオーナーの為にハイグリップタイヤ・PIRELLI P ZERO Trofeoを用意している。


コクピットは今までのロータスと同様にドライバー目線での操作性を追求した無駄のないデザイン、結果クルマ好きの心を掴む機能美溢れたものとなった。快適装備は4スピーカー付きCD/MP3プレイヤー、エアコンが装備されているが、エキシージSはオプション設定が豊富でフルレザーインテリア、シートヒーター、クルーズコントロール等といったじつ追加装備することが可能だ。展示車両のシートはスエード調スポーツシートを装着した「プレミアム・パック・スポーツ」仕様となっていた。ステアリングはMOMO製のSRSエアバック付きステアリングホイールが装着されている。


DPMがドライビングの幅を、ロータスを楽しむ層を広げた

ロータス・エキシージSの注目すべき特徴としてあらゆる状況でも安定した高いパフォーマンスを提供できるようにロータス車全てに搭載されているシステム、ダイナミック・パフォーマンス・マネジメント、DPMがエキシージS専用に再設計されている。通常の「TOUR」、「SPORT」そして「OFF」が設定されている。TOURモードは日常運転に対応するためあらゆる状況でDPMの制御が介入するモードとなっている。1段右に回すとSPORTモードとなり、介入までのドライバー自身での制御する幅が広がりより走りを楽しむことが出来るようになる。またこのモードを選択することによってレブリミットが6800rpmから7200rpmになり、レスポンスも鋭く、排気バルブが大きく開く。OFFモードはABS以外の制御がなく、エキシージSの素を楽しむことが可能となる。そして写真のDPMスイッチにあるチェッカーフラッグマークの位置に回すと「RACE」モードになる。このモードはP Zero Trofeo+専用セッティングサスペンションのオプションパック「レースパック」を装着している車体のみに選択できるモードだ。サーキット走行時、コーナーでのスリップ量を非常に短い間隔で感知し瞬時に最大のトラクションをドライバーに提供する。プロドライバーでもこのモードで走行するとラップタイムを短縮する事ができた。


 


 




未分類の最新記事




スポーツカーの中古車情報ならGTNET