スズキ ワゴンRの歴史 | スポーツカーの中古車販売、買取情報サイト

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. ヒストリー:車種名一覧
  3. スズキ ワゴンRの歴史

スズキ ワゴンRの歴史
History of WAGON R

History

4代目(2008年9月25日~)

ワゴンR 4代目(2008年9月25日~)

4代目ワゴンR(Wagon R)は、2008年9月25日に発売された。4代目ワゴンR(Wagon R)は、エンジンも改良され、CVT仕様車にはワゴンRでは初めて電子制御スロットルが採用された。

グレード体系は、「FXリミテッド」、「FTリミテッド」、「TS」になった。この年ワゴンRスティングレーと供に、2008年度グッドデザイン賞・2009年次RJCカーオブザイヤーを受賞した。

2009年5月14日、2009年次RJCカーオブザイヤーの受賞記念特別仕様車「FXリミテッド2」を発売した。

2009年10月1日、仕様変更によりグレード体系、ボディカラーなどが見直された。またこの年2009年度グッドデザイン・ロングライフデザイン賞を受賞した。

2010年1月21日、スズキ四輪車国内累計販売台数2000万台達成を記念して、特別仕様車「FX-Sリミテッド」を発売した。その後も仕様変更、一部改良などでエンジンも改良され、燃費と発信加速を向上し、4WDのCVT車は「平成22年度燃費基準 25%」を達成し、既に適合されている環境対応車普及税制における自動車取得税・重量税の減税率が50%から75%に変更になった。

2010年11月25日、国内累計販売台数が2011年1月に350万台を達成することを記念して、特別仕様車「リミテッド」が発売された。

2011年1月11日、2010年12月で国内累計販売台数350万台を達成したと発表された。

3代目(2003年9月30日~2008年9月)

ワゴンR 3代目(2003年9月30日~2008年9月)

3代目ワゴンR(Wagon R)は、2003年9月30日に発売された。3代目ワゴンR(Wagon R)は、全グレードにタコメーターを標準装備し、グレード体系は「FA」、「FX」、「FT」、「FS」、スポーツモデルには「RR」、「RR-DI」になった。

2003年12月、国内累計販売台数200万台を達成した。その後、特別仕様車「FXリミテッド」、「FTリミテッド」を発売し、2004年年間販売台数№1の座をムーヴから奪還した。

2004年12月15日、一部改良でNA車の4WD・4AT車が「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」の認定を取得し、内装や質感が向上したほか、特別仕様車「FX-Sリミテッド」、「FT-Sリミテッド」が発売された。

2005年9月2日、マイナーチェンジによりフロントグリル・ホイールキャップなどデザインが変更された。また、2WDの5速MT車を除く全てのグレードで燃費が向上し、「FX」、「FT-Sリミテッド」は、「平成17年排出ガス基準50%低減レベル(☆☆☆)」認定を取得した。

2006年3月、国内累計販売台数250万台を達成し、250万台達成記念特別仕様車「250X」、「250T」を発売した。その後も特別仕様車「RR-Sリミテッド」、「FX-Sリミテッド CVT搭載車」、「ナビスペシャル」、「ナビスペシャルターボ」、2003-2007年度の国内自動車車名別新車新規届出台数№1及び国内累計販売台数300万台達成を記念して「リミテッド」が発売された。

2代目(1998年10月7日~2003年9月)

ワゴンR 2代目(1998年10月7日~2003年9月)

2代目ワゴンR(Wagon R)は、1998年10月7日に軽自動車の規格改定に合わせて発売された。2代目ワゴンR(WagonR)のスタイルは、初代より全体的に多少丸みを帯びている。その後も特別仕様車「FX-Tリミテッド」を発売し、1999年3月には国内累計販売台数100万台を達成した。その記念に1000台限定で「100万台記念限定車」を発売した。

1999年10月7日、一部改良によりNA車のエンジンが変更された、ターボ車は4速ATになった。また他グレードも装備・グレード体系など変更された。その後、特別仕様車「RR-FSリミテッド」、「スペシャル」、「80周年記念車 FX-T」を発売し、2000年4月には全車5ドア仕様になった。

2000年12月5日、マイナーチェンジにより、フェイス部分やホイールカバーが変更され、エンジンも改良された。NA車は、「優-低排出ガス車」、ターボ車は「良-低排出ガス車」認定を取得した。

2001年5月、国内累計販売台数150万台を達成し、特別仕様車「FM-Gリミテッド」、3000台限定の「150万台記念車」も発売された。

初代(1993年9月3日~1998年10月)

ワゴンR 初代(1993年9月3日~1998年10月)

ワゴンR(Wagon R)は、1993年9月3日に発売された。ワゴンR(Wagon R)の発売当初は、全グレードがターボ無し、運転席・助手席・左後部のみの1+2ドアモデル、後席ヘッドレスト無し、AT車は3速ATのみであったが、販売が好調の為、「ターボ付モデル」、「4速ATモデル」、「5ドアモデル」、「前席ベンチシート/コラムATモデル」、「後席ヘッドレスト付」とラインナップが増えた。また、特別仕様車として「ロフト」が発売され、1994年にはRJCカーオブザイヤーを受賞した。

1995年10月、マイナーチェンジに伴いホイールの大きさ・装備などが変更された。

1996年には、2WDのみ5ドアが追加され、国内累計販売台数が50万台を達成した。

1997年4月、マイナーチェンジ伴い、「RS」が追加され、「RX」、「FX」のエンジンも変更された。

1997年11月には前席ベンチシート/コラムATモデルが追加され、その後も「RR」、「コラムターボ」、コラムの「FX」、「FT」が追加になり、特別仕様車「FM」、「RR-F」が発売された。


スポーツカーの中古車情報ならGTNET