三菱 パジェロミニの歴史 | スポーツカーの中古車販売、買取情報サイト

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. ヒストリー:車種名一覧
  3. 三菱 パジェロミニの歴史

三菱 パジェロミニの歴史
History of PAJERO MINI

RV機能、イメージはパジェロの血統を踏襲しながら軽としての扱いやすさ、手ごろさ、経済性を兼ね備えていることから付けられた。

軽SUV市場に向けた三菱に意欲作、パジェロミニ(PAJERO MINI)。

History

2代目(1998年-)

パジェロミニ 2代目(1998年-)

1998年10月フルモデルチェンジ。走行中でも駆動方式の切り替えが可能な、イージーセレクト4WDを採用のモデルと、FRの都会派モデルの2タイプ。

4WDモデルは64馬力のツインカムエンジンを搭載するVと、52馬力のシングルカムエンジンを搭載するXの2グレードが基本。エンジンの一部改良でターボ、自然吸気仕様ともにトルクが向上、ATについては初代のパジェロミニ(PAJERO MINI)の3速に対し全車4速になった。

2002年9月マイナーチェンジ。エンジンは直列4気筒16バルブ660cc、64馬力のターボ付きと48馬力のターボなしの「良-低排出ガス」の認定を受ける2ユニット。2001年度JNCAP衝突試験において軽自動車最高の5つ星を獲得し、高い安全性を備えている。

4WDターボの上級「VR」、FR駆動+ターボ付きのスポーティな「R」、ターボなしのベーシックな「XR」、ドレスアップモデルの「デューク」の4グレードになった。

2008年9月マイナーチェンジ。フロント周りをパジェロ(PAJERO)譲りのデザインへ変更し、リア周りはスペアタイヤの位置が右よりから車体中央に変更し、外観をすっきりさせた。これによりバンパーはナンバープレートを左下に設置するデザインに戻された。

また、エンジン制御が見直されオルタネーターの発電量を可変式にし、AT車には減速時におけるロックアップ機能を追加しzwングレードで燃費を改善した。

グレードは、4WD+ターボは「VR」、標準「ZR」、快適装備搭載の「EXCEED」、2WDターボなし「XR」の4グレードある。

初代(1994年-1998年)

パジェロミニ 初代(1994年-1998年)

パジェロ(PAJERO)のスタイリングをそのまま軽サイズまで縮小したようなボディ。パジェロミニ(PAJERO MINI)の車体はラダーフレームのようにプレス加工された部材をフロアパンに溶接した、ビルドインフレームのモノコック構造の高剛性ボディである。

1気筒5バルブの直列4気筒DOHC20バルブで高効率に過給するツインスクロールターボを搭載し、5MT・3ATが組み合わされる。2WDとハイ/ロー2スピード4WDの3つの走行モードから選べるイージーセレクト4WDを装備した。

フロントはマクファーソンストラット式、リヤは5リンク式の4輪コイルサンスペンションを採用し、優れた操縦安定性と快適な乗り心地を両立している。


スポーツカーの中古車情報ならGTNET