三菱 ミニカの歴史 | スポーツカーの中古車販売、買取情報サイト

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. ヒストリー:車種名一覧
  3. 三菱 ミニカの歴史

三菱 ミニカの歴史
History of MINICA

History

初代1998年~

ミニカ 初代1998年~

現在のミニカ(MINICA)は軽自動車の規格変更に伴いフルモデルチェンジされて登場した。

2006年10月に環境性能の向上が図られ、全グレード「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」を達成し、一部グレードでは「平成22年燃費基準+10%」または、「平成22年度燃費基準+20%」を達成した。セダンタイプは2007年6月を以って生産終了となり、現在はバンタイプのみ存在する。

2009年10月に5ドア・2WD車は「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、「環境対応車普及促進税制」に適合している。全車3ATのみの設定となった。

2010年10月7日「ナッティ」の2WD・5MT車は、「平成22年度燃費基準+25%」、「ライラ」の2WD・5MT車と全グレードの4WD・3AT車は「平成22年度燃費基準+15%」を達成し、新たに環境対応普及促進税制に適合した。このモデルより、5年目以降の車検入庫時に保障延長点検を受けることを条件に、「最長10年10万km特別保障延長」の対象車種になった。


スポーツカーの中古車情報ならGTNET