スバル レガシィツーリングワゴンの歴史 | スポーツカーの中古車販売、買取情報サイト

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. ヒストリー:車種名一覧
  3. スバル レガシィツーリングワゴンの歴史

スバル レガシィツーリングワゴンの歴史
History of LEGACY TOURING WAGON

History

5代目(2009年5月20日~)

レガシィツーリングワゴン 5代目(2009年5月20日~)

5代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、2009年5月20日、全車「平成17年排出ガス基準75%低減レベル(☆☆☆☆)」を達成するとともに、一部グレードで「平成22年度燃費基準+15%」「平成22年度燃費基準+20%」を達成し、「環境対応車普及促進税」に適合して発売された。5代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、「グランドツーリング イノベーション」をコンセプトに開発された。

2009年10月23日、2009-2010日本カー・オブ・ザ・イヤー特別賞「Best Value」を受賞し、その受賞記念として同11月4日、特別仕様車「「2.5i L Package Limited」「2.5i S Package Limited」が発売された。

2010年4月21日、自動車アセスメントにおいて「自動車アセスメントグランプリ'09/'10」を受賞した。

2010年5月18日、一部改良により一部グレードに「EyeSight」の進化版「EyeSight(Ver2)」が搭載され、「環境対応普及促進税制」で自動車取得税および重量税の軽減率を75%にアップさせた。「EyeSight(Ver2)」は、衝突回避性能を向上した『プリクラッシュブレーキ』、より自然な高速制御を行う全車速追従機能付きクルーズコントロールなど安全性能の向上と運転負荷の軽減を図る機能を進化させたものである。

2010年6月8日、「2.5GT tS」をB4と合わせて限定600台で発売した。

2010年11月16日、特別仕様車「EyeSight Sport Selection」が発売された。

4代目(2003年5月23日~2009年5月)

レガシィツーリングワゴン 4代目(2003年5月23日~2009年5月)

4代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、2003年5月23日、3ナンバーになって発売された。4代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、3ナンバー化しながらも「走りと機能の美しさの融合」をテーマに、アルミニウムなどの軽量パーツの採用、高張力鋼板を各所に導入しながら十二分に考慮された設計により、グレードによるが、前モデルよりも100kg近くの軽量化を達成し、またボディ剛性の向上を達成した。

2003年9月9日、3000cc車「3.0R」が追加され、同11月13日、富士重工製車種として初めて、2003-2004日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞し、同12月19日、国内累計100万台を突破した。

2004年5月17日、年次改良によりB型になり、全グレード、メーカーオプションでサイド&カーテンエアバッグやマッキントッシュオーディオが選択可能になり、同10月19日、「3.0R Spec B」が6MTのみで追加された。(これは、後に5速ATが追加設定される)

2005年3月15日、世界累計生産台数300台を突破した。

2005年5月24日、一部改良によりボディカラーなどが追加され、同時にレガシィ世界累計生産300万台突破記念の特別仕様車「2.0R B-SPORT」「2.0i B-SPORT」「GT-2」が発売された。

2006年5月24日、マイナーチェンジにより内外装、特に足回りが変更された。

2006年8月8日、限定600台で「tuned by STI」が発売され、同11月28日には、2007年3月31日までの期間限定特別仕様車「2.0i B-Sport Limited」「2.0GT SI-Cruise Limited」「3.0R SI-Cruise Limited」が発売された。

2007年5月15日、一部改良により装備やグレード名等が変更された。

2008年5月8日、一部改良によりボディカラー・装備など変更され、同10月29日には、特別仕様車「スマートセレクション」「プレミアムレザーリミテッド」が発売された。

3代目(2009年5月20日~)

レガシィツーリングワゴン 3代目(2009年5月20日~)

3代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、全車4WDとなって発売された。3代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、「レガシィを極める」という開発テーマのもとに「走る喜び」「安心感」「ワゴンの一級品」を開発の重点ポイントとして掲げていた。3代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、「新世紀レガシィ」の呼称された。

代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、トヨタのGOAに対し、自動車事故対策センターが1998年・1999年にテストした衝突安全性能試験で、運転席j・助手席共に「AAA」を獲得した。

3代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)から、官公庁に公用車として採用される事が非常に多くなった。

1998年12月、B4の発売に伴い、グレード体系など変更された。

1999年5月24日、一部改良によりB型となった。

2000年5月24日、一部改良によりC型となり、内外装が変更された。

2001年5月22日、マイナーチェンジによりD型となり、フロントマスクが大幅に変更され、6連星のエンブレムが復活した。

2002年1月21日、「GT30」が追加され、内外装が変更された。

2002年5月21日、一部改良によりボディカラーが変更され、特別仕様車「GT-Bリミテッド」が発売された。

2002年8月、特別仕様車「Bスポーツ」「ブリッツェン6」が発売され、同10月には特別仕様車「GT-Bリミテッド2」が、同11月27日には特別仕様車「GT-B Sエディション」が発売された。

2代目(1993年10月7日~1998年6月)

レガシィツーリングワゴン 2代目(1993年10月7日~1998年6月)

2代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、1993年10月7日発売された。2代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)の開発テーマは、「継承・熟成」であった。

2代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、バブル期に開発がスタートしていた為、同格車輌を有する他社は、皆一様に3ナンバー化の大排気量化されていたのに対し、5ナンバーサイズの2000cc以下の排気量を保っていた為、5ナンバーでありながら上級クラスに負けない室内空間の走りを実現しているとの好評化を得る事となった。

2代目レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)の内外装のデザインには、元メルセデス・ベンツのチーフデザイナー、オリビエ・ブーレイ氏が社内スタッフと共に参加した。

1994年6月、1800ccエンジン搭載車が追加され、同10月には「250T」が追加された。

1996年6月、マイナーチェンジにより、内外装が変更された。

1997年7月、アクセルを離しても、エンジン回転数が落ちない不具合を隠し、内密に処理されていた事が滋賀県警の捜査により判明し、延べ、11車種147万台余りについてリコールを届け出た。

1997年9月、マイナーチェンジによりグレード体系・装備などが見直された。

初代(1989年2月1日~1993年9月)

レガシィツーリングワゴン 初代(1989年2月1日~1993年9月)

初代レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、1989年2月1日発売された。初代レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、当時富士重工業が新聞などで公然と倒産の危機が報道されるほど厳しい局面を迎えていた時期に、危機からの打開の為大幅に組織変更がなされ、開発コード「44B」として開発がすすめられていた。

初代レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wago)のデザインは、一つの伝統として、2段ルーフが採用された。

初代レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)は、新開発の水冷水平対向4気筒エンジンが搭載された。

初代レガシィツーリングワゴン(Legacy Touring Wagon)のトランスミッションは、FF・4WD共に5速MTと4速ATであった。

1989年9月、「GT」が追加された。『バブル景気』により、「ハイパワー4WDワゴン」という独自のカテゴリーを創造し、現代に至るまで継続する爆発的なヒットの土台となった。

1990年1月、特別仕様車「TiタイプS」を発売した。

1990年5月、マイナーチェンジされ、同7月、特別仕様車「TiタイプS」が発売された。

1991年6月、マイナーチェンジにより装備内容・グレード体系など変更され、操縦性・燃費が向上した。

1991年10月、特別仕様車「GT-X」が発売され、1992年1月には、特別仕様車「MiセレクトG」「VZタイプR」が発売され。

1992年6月、マイナーチェンジにより「ブライトン220」「ブライトン220エアサス」が追加されて発売された。

1992年8月、特別仕様車「Sti」が限定200台で発売された。


スポーツカーの中古車情報ならGTNET