日産 グロリアの歴史 | スポーツカーの中古車販売、買取情報サイト

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. ヒストリー:車種名一覧
  3. 日産 グロリアの歴史

11代目(1999年6月28日~2004年10月14日)

グロリア 11代目(1999年6月28日~2004年10月14日)

11代目グロリア(GLORIA)は、1999年6月28日、発売された。1999年11月、「エクストロイドCVT」搭載グレードの「300ULTIMA-Z」「300ULTIMA-ZVパッケージ」が追加され、既存グレードに電動フェンダーミラー、LSDがオプション設定された。

2000年1月7日、特別仕様車「40th アニバーサリー」、特別装備車「オーテック」が発売された。

20006月7日、一部改良により「プレミアムリミテッド」が追加され、特別装備車「オーテック」が「300AX」になり、「250AX」が追加された。

2000年10月30日、一部グレードに「グランツーリスモ」が設定された。

2001年12月4日、マイナーチェンジによりフロントデザイン・内装など仕様変更され、グレードが「グランツーリスモ」に統一された。

2004年4月7日、特別仕様車「ナビエディション2」「ナビエディション2本革パッケージ」が発売された。

2004年10月14日、後継車「フーガ」の発売に伴い、生産終了し46年の歴史に幕を閉じた。

10代目(1995年6月~1999年6月)

グロリア 10代目(1995年6月~1999年6月)

10代目グロリア(GLORIA)は、1995年6月、発売された。
10代目グロリア(GLORIA)のエンジンは、VQ30DET、VQ30DE、ディーゼルRD28であった。

10代目グロリア(GLORIA)のグレードは、「グランツーリスモアルティマ・タイプX」「グランツーリスモアルティマ」「グランツーリスモSV」「グランツーリスモS」「グランツーリスモ」「ブロアムVIP」「ブロアムV」「ブロアム」「ブロアムJ」であった。

1997年6月、マイナーチェンジにより、FR車にVQ25DE V型6気筒2500ccエンジン搭載車が追加され、アテーサE-TSが設定された。

1998年1月、特別仕様車「ブロアムプライムエディション」「グランツーリスモプライムエディション」が発売され、同5月8日にも特別仕様車「ブロアムプライムエディション」「グランツーリスモプライムエディション」「ブロアムエクストラエディション」「グランツーリスモエクストラエディション」が発売された。

9代目(1991年6月~1995年6月)

グロリア 9代目(1991年6月~1995年6月)

9代目グロリア(GLORIA)は、1991年6月、3ナンバーの全車AT車になって発売された。

9代目グロリア(GLORIA)のグレードは、発売当初「グランツーリスモSV」「グランツーリスモ」「グランツーリスモアルティマ」「ブロアムVIPエアサスペンション仕様」「ブロアムVIP・Cタイプ」「ブロアムG」「ブロアム」「クラシックSV」「クラシック」であった。

1991年6月、マイナーチェンジして発売された。

1992年2月、「グランツーリスモS」が追加され、6月には最上級グレード「グランツーリスモアルティマLV」が追加された。

1993年6月、マイナーチェンジにより若干のフェイスリフト及びグレード整理が行われた。また、ブロアム系の全長がグランツーリスモ系と同様になった。

1994年6月、「グランツーリスモアルティマ」「グランツーリスモSV」「ブロアム」に「Sパッケージ」が追加され、9月にV20Eグランツーリスモが追加された。

1995年1月、V20Eブロアムが追加された。

8代目(1987年6月~1991年6月)

グロリア 8代目(1987年6月~1991年6月)

8代目グロリア(GLORIA)は、1987年6月発売された。

8代目グロリア(GLORIA)は、セドリックと共にVG20DETエンジン、DOHCエンジンを初搭載したモデルであった。

8代目グロリア(GLORIA)のトランスミッションは、全グレード電子制御4速ATが設定され、VG20EとRD28には5速フロアMTも設定された。

1987年9月、VG20E型エンジンに「ブロアム」が追加された。

1988年6月、VG20DET車に「グランツーリスモSV」「RD28スーパーカスタム6人乗り」が追加され、AT車にシフトロックシステムが採用された。

1989年3月、パーソナルキーの材質をステンレスに変更した。

1989年6月、マイナーチェンジにより、装備などが見直され、VG20DAT車に世界初の電子制御5速ATが設定された。また、VG20DET「ブロアム」が3ナンバー化された。

1990年8月、VG20E車とRD28車に「ブロアムセレクション(3ナンバー車)」が追加され、VG20DET車「ブロアム」に5ナンバー車が設定された。

1991年3月、VG20E車とRD28車に「クラシックS」が追加された。

7代目(1983年6月~1987年6月)

グロリア 7代目(1983年6月~1987年6月)

7代目グロリア(GLORIA)は、1983年6月、国産量産初ガソリンV型6気筒 OHC(VG型)と直列6気筒 SOHC ディーゼル、直列4気筒SOHCで発売された。

7代目グロリア(GLORIA)のグレードは、「ブロアム」「SGL」「グランデージ」「ブロアムVIP」「ジャックニクラスバージョン」「アストロード」「カスタムS」「カスタムデラックス」「デラックス」「スタンダード」であった。

1984年6月、VG30ETエンジン搭載車が追加され、「ブロアムVIP」「ジャックニクラスバージョン」には電子制御式オートレベライザーが標準装備された。

1985年6月、マイナーチェンジにより内外装が変更された、エンジンも改良された。

6代目(1979年6月~1983年6月)

グロリア 6代目(1979年6月~1983年6月)

6代目グロリア(GLORIA)は、1979年6月、ガソリン車に国産初のECCSというエンジン統合制御システムが導入され、発売された。6代目グロリア(GLORIA)は、後に国産初のターボエンジンが搭載された。

6代目グロリア(GLORIA)のグレードは、発売当初「ブロアム」「SGLエクストラ」「SGL」「GL」「SGL-F」「ターボS」「カスタムS」
「カスタムデラックス」「デラックス」「スタンダード」であった。

1979年10月、ATの6気筒ディーゼルエンジン搭載車が追加された。

1979年12月、国産初のターボエンジン搭載車(5MT車)が追加された。

1980年2月、LD28エンジン搭載車に5MT、コラム4ATが追加され、4月にはターボブロアム(AT車のみ)、既存のターボ車にもAT車が、ハードトップにはSGL-Fが追加された。

1981年4月、マイナーチェンジにより、装備・オプションなど変更された。

1982年6月、「200E」「200E ターボ」「280E」のATがフルロックアップ付電子制御4速化され、25%燃費が向上した。ディーゼル車は昭和57年排出ガスに適合した。

5代目(1975年6月~1979年6月)

グロリア 5代目(1975年6月~1979年6月)

5代目グロリア(GROLIA)は、1975年6月、全車50年排ガス規制に適合して発売された。5代目グロリア(GROLIA)のヘッドライトは、セダンと4ドアハードトップが丸型4灯、2ドアハードトップが角型2灯であった。5代目グロリア(GLORIA)は、セドリックとフロントグリルとテールランプのデザインのみの相違となった。

1975年10月、2000GL-E、2000SGL-E、5速MT車が追加され、GL仕様車とSGL仕様車のホイールが同一になった。

1976年6月、51年排ガス規制に適合し、Fタイプが追加された。

1977年6月、マイナーチェンジにより、装備・グレード体系など見直され、最高級グレード「ブロアム」が追加され、グロリア初のSD22型 OHV2200ディーゼルエンジン搭載車が設定された。

1978年11月、53年排ガス規制に適合し、2000SGL-Eが追加され、一部グレードではラジアルタイヤが標準装備となった。

4代目(1971年2月~1975年6月)

グロリア 4代目(1971年2月~1975年6月)

4代目グロリア(GLORIA)は、1971年2月、セドリックと基本構造を統一された兄弟車として発売された。4代目グロリア(GLORIA)から車検証の車名が「ニッサン」となった。

4代目グロリア(GLORIA)のエンジンは、発売当初直列4気筒OHV H20型直列6気筒SOHC L20型、・L20型 SUツインキャブ仕様、SD20型 OHVディーゼルエンジンであった。

1971年10月、直列6気筒 SOHC 2565cc L26型搭載モデルが追加された。

1972年8月、4ドアハードトップが追加された。

1973年4月、2600ccのマイナーチェンジによりバンパーにオーバーライダーが追加され、ディーゼルエンジン以外が48年排ガス規制に適合した。また、ハイオク仕様を廃止し、リアスタビライザーを装備し、「2600 4ドアハードトップ カスタムDX」が追加された。

3代目(1967年4月~1971年2月)

グロリア 3代目(1967年4月~1971年2月)

3代目グロリア(GLORIA)は、1967年4月、「日産 グロリア」となって発売された。3代目グロリア(GLORIA)は、縦に並んだ4灯ヘッドランプが特徴である。

3代目グロリア(GLORIA)の発売当初のグレードは、スーパーデラックス、スーパー6、スタンダードであった。

1969年11月、マイナーチェンジにより6気筒エンジンが日産製のL20型に変更された。

2代目(1962年9月~1967年4月)

グロリア 2代目(1962年9月~1967年4月)

2代目グロリア(GLORIA)は、1962年9月、直列4気筒1900ccで発売された。2代目グロリア(GLORIA)は、セドリック・スペシャル、クラウン・エイト、センチュリーと共に国内の貴賓用にも用いられ、宮内庁にも多数納入されており、各皇族方にも愛用されていた。

1963年6月、直列6気筒 SOHC G7型の「グロリア・スーパー6」が追加された。

1964年5月、パワーウインドウなどが装備された3ナンバー車「グランドグロリア」が追加された。

1966年8月、プリンス工業と日産自動車が合併され、「ニッサン・プリンス・グロリア」となった。

初代(1959年1月~1962年9月)

グロリア 初代(1959年1月~1962年9月)

初代グロリア(GLORIA)は、1959年1月、スカイラインの派生モデルとして戦後国産発売初の3ナンバー車で、プリンス工業から発売された。(発売当初5ナンバー車の規格は、1500cc以下だった為)

初代グロリア(GLORIA)のエンジンは、直列4気筒OHV862cc GB30型であった。

1959年9月、当時の皇太子明仁親王(現:今上天皇)に納入された。

1961年2月、BLSIP-3型が発表された。


スポーツカーの中古車情報ならGTNET