トヨタ エスティマの歴史 | スポーツカーの中古車販売、買取情報サイト

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. ヒストリー:車種名一覧
  3. トヨタ エスティマの歴史

トヨタ エスティマの歴史
History of ESTIMA

History

3代目(2006年-)

エスティマ 3代目(2006年-)

先代のエスティマ(ESTIMA)のような、販売店による区別がなくなり車名が「エスティマ(ESTIMA)」に統一され、「全てを革新し洗練させる」ことを念頭に、進化したスタイルとなった。

エクステリアデザインは、2代目エスティマ(ESTIMA)の正常進化型だがヘッドランプは涙目風のデザインを採用し、より精悍な印象となった。

インテリアデザインは、センターメーターは継承したが2代目エスティマ(ESTIMA)とは打って変わって、直線基調で広がり感のあるデザインとなっている。

グレードは、スポーツタイプの「AERAS(アエラス)」、最上級「G」、標準「X」からなる。

エンジンは2.4L直列4気筒と新しく3.5L V型6気筒を搭載した。また、全車「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得。

2代目(2000年-2005年)

エスティマ 2代目(2000年-2005年)

初代エスティマ(ESTIMA)の特徴的な部分であったミッドシップレイアウトをやめ、2代目エスティマ(ESTIMA)からはFF化している。

初代エスティマ(ESTIMA)にはエミーナ・ルシーダのラインアップもあったが、2代目エスティマ(ESTIMA)の登場に合わせて本モデルに統合され、販売店別に「エスティマ(ESTIMA)T」がトヨタ店、「エスティマ(ESTIMA)L」がトヨタカローラ店で販売された。

ボディサイズは初代エスティマ(ESTIMA)とほとんど変わらず、「エスティマT」と「エスティマL」でグレード構成も完全に共通、リアウインカーの部分だけが「エスティマT」がクリア、「エスティマL」がオレンジを採用している。

初代(1990年-1999年)

エスティマ 初代(1990年-1999年)

1990年5月に発売され、従来のワンボックスカーでは前輪前・運転席下に位置しているエンジンを横に75度に寝かせ平床化に成功、前輪の運転席の前方に置くことにより世界にも例を見ないアンダーフロア型ミッドシップレイアウトが採用された。

床下ミッドシップは、高い静粛性と広い室内の実現につながるだけでなく、4輪独立懸架と相まって優れた運動性能も発揮した。

シートは7人乗り・8人乗りで、最前部から最後部まで自由に行き来できるウォークスルーが採用されたのも画期的である。

1992年1月には車幅を短縮、前後のデザインを変更し5ナンバー枠に収めた「エスティマエミーナ」、「エスティマルシーダ」を発売した。


スポーツカーの中古車情報ならGTNET