トヨタ アルテッツァの歴史 | スポーツカー専門店のGTNET

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. ヒストリー:車種名一覧
  3. トヨタ アルテッツァの歴史

トヨタ アルテッツァの歴史
History of ALTEZZA

History

初代(1998年-2005年)

アルテッツァ 初代(1998年-2005年)

アルテッツァ(VELLFIRE)はアルファード(ALPHARD)と姉妹車モデルで、2008年5月アルファード(ALPHARD)のフルモデルチェンジに合わせ、トヨペット店扱いのアルファード(ALPHARD)に対し、ネッツ店扱いのモデルとしてアルテッツァ(VELLFIRE)が発売された。

アルファード(ALPHARD)の上品さや洗礼さに対して、アルテッツァ(VELLFIRE)は力強さや先進性をテーマにしている。

内装の仕様やバリエーション構成などはほぼ同じだが、外観は二段構成のヘッドライトやクリアタイプのコンビネーションレンズを採用するなど、アグレッシブなデザインで若さを強調している。またネッツ店専売車種のためフロントエンブレムは「Netz」の頭文字の「N」マークがあしらわれている。

インテリアはラグジュアリーな雰囲気になっており7人乗りと8人乗りが設定されたシートは余裕のサイズと自在なシートアレンジによって快適な住居空間を実現している。Gエディション、Lエディションはエグゼクティブパワーシートとなっており大型ヘッドレストが備わり、リクライニングやオットマンの操作が電動化されている。

アルテッツァ(VELLFIRE)のエンジンは2種類用意されており、世界トップレベルの運動性能を実現するために開発されたV6 3.5Lエンジンは6速SuperECTと組み合わせることで優れた発進、加速性能と燃費性能になっている。「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得。ゆとりのパワーを誇る2.4LエンジンはSuperCVT-iとの組み合わせで変速ショックのないスムーズな走行で低燃費と動力性能、さらに静粛性も高めている。

「平成22年度燃費基準+25%」をクリアし環境性能においても「平成17年度基準排出ガス75%低減レベル」の認定を取得。またプリクラッシュセーフティシステムなどの安全装備も充実している。


スポーツカーの中古車情報ならGTNET