GT&フォーミュラレースの祭典、「JAF Grand Prix SUPER GT&SUPER FORMULA FUJI SPRINT CUP 2013」が富士で開幕 詳細ページ(7597) - イベント・レースレポート

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. 国内イベント・レースレポート
  3. GT&フォーミュラレースの祭典、「JAF Grand Prix SUPER GT&SUPER FORMULA FUJI SPRINT CUP 2013」が富士で開幕

GT&フォーミュラレースの祭典、「JAF Grand Prix SUPER GT&SUPER FORMULA FUJI SPRINT CUP 2013」が富士で開幕




11月23-24日、静岡・富士スピードウェイにて「JAF Grand Prix SUPER GT&SUPER FORMULA FUJI SPRINT CUP 2013」が開催される。すでに両カテゴリーともシリーズ戦が終了、チャンピオンも決まっている。それだけに、プレッシャーから解放されたドライバーたちが今シーズン最後のホットな戦いを見せる「モータースポーツの祭典」として大いに盛り上がることだろう。

■シリーズ戦とは異なる、ビッグタイトルが懸かった一戦

2010年から富士スピードウェイを舞台として開催されることになったこの一戦。「富士スプリントカップ」と呼ばれる一方で「JAFグランプリ」とも言われている。遡ること1969年に日本自動車連盟(JAF)主催のレース「JAFグランプリ」がスタートし、国内最高峰のレースイベントのひとつとして開催されてきたものだが、現在のJAFグランプリは株式会社GTアソシエイション(GTA)、株式会社日本レースプロモーション(JRP)、富士スピードウェイ株式会社、富士モータースポーツクラブ(FMC)が主催している。

レースそのものはノンチャンピオンシップレースではあるが、JAFグランプリという名称が引き継がれており、JAFがF1の日本グランプリに次ぐ存在として位置づける大会でもある。しかも、富士での決戦は今年がラストイヤー。ということで、いつものシリーズレースとはひと味もふた味も異なるモータースポーツの醍醐味を味わうことができる貴重な一戦になることだろう。

■全レース、スプリント形式で開催

フォーミュラレースと異なり、GTレースは通常2選手で1台のクルマをドライブする形が採用されている。しかし、今大会では、「スプリントレース」という名前のとおり、すべてが「スプリント形式」で実施される。SUPER FORMULAとSUPER GT揃って決勝距離は100km。フォーミュラレースは給油、タイヤ交換の義務がなく、文字通りのスプリント戦に。先の鈴鹿でもスプリントに近いレースではあったが、2レース目にはタイヤ交換の義務付けがあった。それを考えると、今回こそが「ノンストップのガチバトル」の集大成となるだろう。

しかも、最終戦鈴鹿を欠場したアンドレ・ロッテラー選手も富士には参戦。新たなチャンピオンとなったばかりの山本尚貴選手との直接対決も大いに気になるところ。なお、予選は通常のノックアウト方式ではなく、25分間の走行を経て順位を決定する。チーム戦略も見どころとなる予選から目が離せない。

一方、SUPER GTは、100kmを1選手が走破するスタイルとなり、いつものドライバー交代は行わない。しかも、GT500とGT300がそれぞれクラス別でスプリントレースを繰り広げるのだ。自分だけのドライブで戦う形式は、スプリントカップならではのお楽しみ。クラス混戦の渋滞もなく、つねにハードなバトルが勃発してもおかしくないという、いつものGTレースでは見られない意外な展開も起こり得る。ただ、順位については、2レース合算でのカウントとなるため、ここだけはいつものGT色が存在するため、GTならではの総力戦の一面も楽しむことができる。

 

■フォーミュラ、GTともに現行マシンのラストレース

SUPER FORMULAにおいて今シーズンをもって使用終了となったSF13。スイフト社&トヨタまたはホンダV型8気筒3400cc自然吸気エンジンというパッケージの車両は今大会が見納めにとなる。さらに、SUPER GTでもGT500の車両がこの戦いがラストレースに。こちらも来シーズンから車両規定が大幅に変更され、現行車両でのレース参加が不可能となるため、総決算となる戦いをしかと見届けて欲しい。

■この他、恒例のレジェントカップなど見どころ満載!

富士スプリントカップの見どころといえば、現役ドライバー以上に盛り上がる「レジェンドカップ」も見逃せない。恒例のこの一戦、往年のトップドライバーたちが縦横無尽にサーキットを好走。ときには度が過ぎた!? アツすぎるバトルに会場は騒然、抱腹絶倒という「楽し過ぎる」レース展開にもなってしまうが、それを期待するファンも今や多いと思われる。

今大会は“GOOD SMILE LEGEND CUP”として開催されるこの一戦には、高橋国光氏、星野一義氏、中嶋悟氏、長谷見昌弘氏、黒澤元治氏、関谷正徳氏、鈴木亜久里氏、土屋圭市氏、片山右京氏、近藤真彦氏ら日本のモータースポーツ界にはなくてはならないビッグネームが一同に出走する。これだけでも、「贅沢」なレースであることがわかるだろう。

戦闘車輌はトヨタ86とスバルBRZを使用。さらに、今シーズンは、ペアを組むレースになったため、当日はどのようなコンビネーションでの一戦になるのか。こちらも楽しみだ。

 

■主なタイムスケジュール

 

11月23日(土)
◎SUPER FORMULA
09:45 – 10:15:フリー走行
11:55 – 12:20:予選

◎SUPER GT
予選
・第1レース
08:05 – 08:25 : GT300
08:25 – 08:45 : GT500
・第2レース
08:50 – 09:10 : GT300
09:10 – 09:30 : GT500

決勝
・第1レース
14:05 – GT300(22Laps)
15:35 – GT500(22Laps)

◎ピットウォーク
10:25 – 11:00
11月24日(日)
◎LEGEND CUP
07:45 – 08:25:予選
11:25 – :決勝(10Laps)

◎SUPER FORMULA
12:45 – :決勝(22Laps)

◎SUPER GT
・第2レース
14:05 – GT300(22Laps)
15:35 – GT500(22Laps)

◎その他
08:35 – 08:50 パレード
08:50 – 09:15 オールグリッドウォーク
09:30 – 09:40 パレード
16:35 -  グランドフィナーレ・表彰式

 










スポーツカーの中古車情報ならGTNET