SGTxDTM特別交流戦、レース2はカーティケヤンが勝利! 詳細ページ(16208) - イベント・レースレポート

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. 国内イベント・レースレポート
  3. SGTxDTM特別交流戦、レース2はカーティケヤンが勝利!

SGTxDTM特別交流戦、レース2はカーティケヤンが勝利!




レース2を迎えた「AUTOBACS 45th Anniversary presents SUPER GT X DTM 特別交流戦」。11月24日、ドライコンディションでの決戦となったレース2では、SUPER GT参戦組であるNo.64 Modulo Epson NSX-GTのナレイン・カーティケヤンが予選3番手からそつのない走りでトップを奪取。荒れに荒れた激走バトルを制し、特別戦ながらチームに今シーズン初勝利をもたらす大金星をあげている。
 

雨続きだった富士の上空に、久々の日差しが訪れたイベント最終日。サポートレース中は太陽が照りつけ、軽く汗ばむほどの陽気に恵まれた。一方、午前中のレース2予選では、路面は依然としてウェットコンディション。不安定な路面の中、ハンコックのコントロールを味方につけてトップタイムをマークしたのは、No.16 MOTUL MUGEN NSX-GTの中嶋大祐だった。一方、DTM勢トップタイムは前日のレース1に続き、No.28 BMC Airfilter Audi RS5 DTMのロイック・デュバルがマーク。レース1では自身のミスでグリッドにつけず、レースをふいにしているだけに、レース2での挽回に大きな期待が集まることとなった。
 

急激に日が陰り、風が強まる中で迎えたレース2決勝。グリッド上のポールポジションにつけたのは、28号車のデュバル。実のところ、16号車は2日前の公式練習中にマシンを大破、車両交換をしてレースに出走しているため、5グリッド降格のペナルティを受けていたため。トップスタートのデュバルはクリアスタートを切って周回を重ねていくが、2番手スタートとなったカーティケヤンもこれにしっかりと喰らいついていく。一方、6番手スタートから意地を見せた中嶋大祐もジャンプアップのパフォーマンスを披露。3番手から前の2台を追い立てた。
 

快走を見せていたデュバルにアクシデントが発生したのは、7周目、左リアタイヤがパンクし、ピットインを余儀なくされ、ポジションダウン。コースへは復帰したものの、パンクの際、ダメージを受けていたリアカウルの一部がコース上に落下したことから、セーフティカーがコースイン。レースがコントロール下に置かれた。2周でレースが再開すると、コース上では激しいポジション争いを展開。SUPER GTとDTMの両車両があちこちで好バトルを披露する。そんな中、20周目には、今季のDTMチャンピオンであるNo.33 Audi Sport RS5 DTMのレネ・ラストにデュバル同様のタイヤトラブルが発生。21周目には2度目のSCランとなった。
 

2度目の再スタートでまたも激しくポジションが入れ替わり、またほぼ同じタイミングでルーティンのタイヤ交換にピットへ戻る車両も多く、コース復帰後は、さらにバトルが白熱。中でもSUPER GT勢同士は、リスタート時に同じメーカー同士の車両が激しく接触するなど、日頃のレースではまず目にすることのないマルチクラッシュが発生し、大混乱を招くことになった。

これにより、3度目のSCランが導入され、残り5分を切る中でレースが再びコントロールされる。このまま規定時間を迎えてチェッカーを迎えるかに思われたのだが、なんと残り1周でのリスタートが宣言される。ただし、DTMフォーマットでのインディアナポリス式ではなく、1列で隊列を作った状態でのリスタートとなり、超接近戦でのファイナルラップを迎えた。
 

度重なるSCとリスタートを味方にして、この時点でトップに立っていたのは、カーティケヤン。これに序盤のアクシデントを経て見事なリカバリーを見せて2番手まで浮上したデュバル、3番手にNo.11 BMW M4 DTMのマルコ・ヴィットマンが続き、チェッカー。波乱含みのレースが幕を下ろした。なお、レース後、ファイナルラップ、最終コーナーでのヴィットマンとの攻防戦に対し、デュバルが1秒加算のペナルティを受けたことから、清拭結果としてふたりの順位が入れ替わっている。
 

特別イベントとして開催された「AUTOBACS 45th Anniversary presents SUPER GT X DTM 特別交流戦」。今回の2レースは、日本そしてドイツで繰り広げられているGTカーの激しいバトルが、また異なる形で繰り広げられることとなり、その様子を堪能したレースファンにとっては、醍醐味たっぷりのイベントだったといえる。
 

一方、SUPER GTは2020年シーズンからついに「クラス1」規定に基づいた新型車両がお目見え。期間中のサーキットにはカーボンモノコックのままではあるが、ニューマシンが展示されていた。新たな”モンスターマシン”によるSUPER GTからも目が離せない。
 

■SUPER GT X DTM 特別交流戦レース2決勝結果(TOP6)
1.No.64(SGT) Modulo Epson NSX-GT(N.カーティケヤン)31Laps
2.No.11(DTM) BMW M4 DTM(M.ヴィットマン)+0.935
3.No.28(DTM) BMC Airfilter Audi RS5 DTM(L.デュバル)+1.825
4.No.1 (SGT)RAYBRIG NSX-GT(山本尚貴)+3.412
5.No.00(DTM)BMW M4 DTM(小林可夢偉)+3.743
6.No.16(SGT)MOTUL MUGEN NSX-GT(中嶋大祐)+4.356
 
 

GN_GT_2019Dream-R_1124_PH1GN_GT_2019Dream-R_1124_PH2










スポーツカーの中古車情報ならGTNET