SUPER GTxDTM交流戦 プレビュー 詳細ページ(16124) - イベント・レースレポート

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. 国内イベント・レースレポート
  3. SUPER GTxDTM交流戦 プレビュー

SUPER GTxDTM交流戦 プレビュー




夢のマッチ、ついに実現!ドリームレースが富士で開催

日本のモータースポーツで人気を誇るSUPER GT、そしてドイツで絶大な集客を集めるDTM。その両カテゴリーのクルマが同じ土俵で一戦を交えるレースがついに実現する。11月22、23、24日、静岡・富士スピードウェイにおいて開催される「AUTOBACS 45th Anniversary presents SUPER GT x DTM 特別交流戦」は、史上初のイベントとして多くの注目が集まる。
 

・日独ツーリングカーレース、ここに集結
SUPER GTとDTMとの主催者において、もう何年もの間、多くの協議を重ね、ともに同じサーキットでレースを開催する話を進めてきたのは、もはやモータースポーツファンにとって多く知るところ。しかし、日本は日本の、そしてドイツはドイツにおけるそれぞれの”諸事情”もあり、互いに歩み寄るまでには高くて困難なハードルをいくつも越えていく必要があった。そんな中でも互いに粘り強く交渉を重ね、国を超えて、またメーカーを越えて、グローバルなモータスポーツファンのために夢の一戦、”ドリームレース”を実現しようとついにここまでこぎつけることとなった。
 

まずはそれぞれのレースで適用されているテクニカルレギュレーションを統一に着手。この中から、まずDTM側が今シーズンから610馬力を超える4気筒ターボエンジンを搭載した「クラス1」と呼ばれるレーシングカーを用意。SUPER GTでも来シーズン、ついにこの「クラス1」のレギュレーションを踏襲したクルマがGT500クラスに投入される。すでに各メーカーがこのクラス1車両のテストを開始。先日、富士スピードウェイで実走行している。
 

ドイツ、そして日本で本格的なクラス1でのレース活動を控え、このたび開催される”ドリームレース”では、たしかに両レースにおいて一部レギュレーションこそ違えど、各車が繰り広げるバトルは、近い将来に向けての”プロローグ”として最高の舞台にふさわしいと言えるだろう。
 

・ドリームレースでのルールは?
富士に集結するGT500クラスの車両は、現在SUPER GTに参戦する全15台。かたや、DTM参戦車両は7台が出走し、内訳はAudi RS 5 DTMが4台、BMW M4 DTMが3台となる。4台のアウディのうち、ゼッケン33の1台を駆るレネ・ラストは今シーズンのDTMチャンピオン。また、同じくアウディからはブノワ・トレルイエ(2008年GT500チャンピオン)やロイック・デュバル(2010年GT500チャンピオン)といった”日本育ち”のドライバーも参戦。DTMカーを熟知し、かつ富士スピードウェイを走り込んだ彼らがどのようなパフォーマンスを披露するのかも見どころのひとつになるだろう。
 

さらなるサプライズといえば、DTMマシン(BMW M4 DTM)をSGT参戦経験がある日本人選手がドライブすることだろう。出走するのは、もとF1ドライバーであり、現在、WEC(世界耐久選手権)やスーパーフォーミュラで活躍する小林可夢偉。DTMでの参戦は初めてながら、様々なカテゴリーレースで手腕を振るう可夢偉ならではの活躍も話題を集めそうだ。
 

一方のSGT勢。日本が戦いの舞台となることで俄然有利なポジションに立っている、と考えるのは間違いだ。というのも、レギュレーションがSGT寄りではなく、DTMに沿った形で進められるからだ。レースフォーマットは2選手による耐久ではなく、1選手でのスプリントレースとなり、土曜、日曜の各日でそれぞれ予選と決勝レースを行う。決勝lは55分+1周というスタイルで、レース中にはタイヤ交換を伴うピットインが義務付けられるものの、給油作業はない。これだけでも普段のSGTとは異なることがおわかりいただけるかと思う。
 

さらに、未知数なものとしてエンジニアやドライバーが戦々恐々としているのが、装着タイヤだと言える。SGTではチームごとにタイヤメーカーを選んで装着しているが、DTMはハンコックタイヤのワンメイク。実のところ、10月上旬には、レクサスホンダ日産から各1台ずつがDTM最終戦のホッケンハイムでゲストカーとしてのレースを体験。季節外れの寒さの中、装着したハンコックタイヤに大苦戦したという情報が伝わっているだけに、今回の富士も普段のSGTレースのような”勝手知ったる”展開に持ち込むのは、そう容易なことではないかもしれない。ただ、レースファンにとっては、予測不可能な展開だからこその醍醐味を存分に堪能することができるだろう。初物づくしの特別交流戦。SGTとDTMのコラボレースを見逃す手はないはずだ。
 

■主なタイムスケジュール
・11月22日(金)
08:15 – 09:00 SGT : タイヤテスト3(GT500のみ)
10:05 – 10:50 SGT/DTM : 公式練習1
11:55 – 12:40 SGT : タイヤテスト4(GT500のみ)
13:45 – 14:15 SGT/DTM : 公式練習2
14:25 – 15:00 SGT/DTM : クオリファイシュミレーション
 

・11月23日(土)
07:00 – 07:40 オープンピット
09:25 – 09:45 SGT/DTM : 公式予選1
10:00 – 10:40 ピットウォーク
10:20 – 10:55 サーキットエクスペリエンス
13:10 – 13:30 SGT/DTM : 選手紹介
14:26 -    SGT/DTM : Race1 (55分間 + 1Lap)
 

・11月24日(日)
09:00 – 09:20 SGT/DTM : 公式予選2
09:30 – 09:50 サーキットサファリ
10:10 – 10:50 ピットウォーク
12:55 – 13:10 SGT/DTM : 選手紹介
14:33 –     SGT/DTM : Race2 (55分間 + 1Lap)










スポーツカーの中古車情報ならGTNET