SUPER GT第1戦富士 プレビュー 待望の開幕戦、富士で開催へ! 詳細ページ(16919) - イベント・レースレポート

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. 国内イベント・レースレポート
  3. SUPER GT第1戦富士 プレビュー 待望の開幕戦、富士で開催へ!

SUPER GT第1戦富士 プレビュー 待望の開幕戦、富士で開催へ!




4月に岡山国際サーキットでシーズンオープニングを迎える予定だった2020年SUPER GTシリーズ。世界中を震撼させた新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、モータースポーツイベントに限らず多くのものが暫しの間”停止状態”に陥ることになった。7月に入ってもなお日々感染者が出るものの、”新たな日常”を積み重ねる中で、プロスポーツも徐々に活動を再開し始めている。そして、SUPER GTも今週末の静岡・富士スピードウェイの開幕戦をもって今シーズンの幕開けを宣言することになる。待望の一戦は、どんなストーリーが待ち受けるのだろうか。

■CLASS1車両による新たな戦いへ

2020年という区切りの良い年、SUPER GTのGT500クラスでは新車両での戦いが始まる。というのも、長年協議を重ねてきたDTM(ドイツツーリングカー選手権)との共通車両規則である「CLASS1(クラス・ワン)」が導入され、ついにトヨタ日産ホンダの3メーカーがリリースする車両が新しく出揃うからだ。規則に沿った新たな車両が文字通りスタートラインに立って、新しいシーズンで競う様子は、レースファンにとって大きな楽しみになることは間違いないだろう。

トヨタはTOYOTA GAZOO Racing(TGR)の名称で体制を展開。GR Supraをベース車とするGR Supra GT500をリリースし、6チームで参戦する。LEXUS LC500で昨シーズンのシリーズチャンピオンを獲得したが、GR Supra GT500はその正統進化型と言われており、車両としての信頼性やスピードの高さはお墨付き。レースファンにとっては懐かしさを感じる”スープラ”の登場が、戦いに花を添えそうだ。

GT-Rで挑む日産勢。こちらも正統進化モデルで対抗する。富士スピードウェイを得意とするGT-Rだけに、待ちわびた開幕戦の舞台がここになるのは朗報ともいえる。このサーキットが”お膝元”であるTOYOTA GAZOO Racing勢に一泡吹かせることができるか、注目したい。

一方のホンダはNSX-GTで参戦。名称こそ昨シーズンと同じだが、中身は刷新されている。というのも、駆動レイアウトが変更されたからだ。昨シーズンまではMR、つまりエンジンを車体中央、後輪駆動という組み合わせだったが、前述のようにDTMとの共通車両規則に合わせてFRへと変化を遂げている。エンジンの搭載箇所が変更されたことにより、クルマの特性そのものも変化。公式テストではトライ&エラーを繰り返すことで速さに磨きをかけていると聞く。また、昨シーズンはMRだったために課されていた29kgのウェイトハンディが消滅。タイヤやサスペンションへの負荷が軽減されたことで、クルマのセッティングにもいい影響を与えるのではないだろうか。

一方のGT300クラスは、近年FIA-GT3車両によるエントリーが増えている。だが、これを”黒船襲来”に例え、加熱する争いもまた、GT300クラスの魅力になっていると言えるだろう。今季のシリーズエントリーに顔を揃える車両は14車種30台になるとしており、今シーズンもまた”百花繚乱”の楽しみが味わえそうだ。もちろん、FIA-GT3車両を迎え撃つJAF GT勢そしてマザーシャシーの活躍も忘れてはならない。

■開幕戦は新たなスタイルで実施

”新たな日常”の下で繰り広げられる開幕戦だが、他のスポーツイベント同様、SUPER GTでも様々な見直しを行い、スケジュールを進めていくことになりそうだ。

これまでのSUPER GTでは、土曜日の午前に公式練習を実施。午後にノックアウト方式による予選がGT300、GT500のクラス別で行われていた。そして日曜日は、午前中にトークショーやピットウォーク、さらに決勝直前のドライバーアピアランスなど、見どころあるイベントも数多く用意されていたのだが、今大会のスケジュールでは、土曜日の走行は公式練習に留まり、しかも開始時刻が午後4時からとなっている。

一方、日曜日は午前9時30分から予選がスタート。クラスごとにノックアウト予選を実施する。なお、今回GT300クラスではQ1を2組に分けて行うとしている。予選が終わると、スタッフは近づく決勝に向けて最終調整やメンテナンス等の作業に追われることになるだろうが、ドライバーはトークショーやドライバーアピアランスに”参戦”。これは、今大会が無観客開催になったものの、J SPORTSによる生放送、LIVE配信で応援するファンにむけてのサービスの一環だと考えていいだろう。

スタートも通常より1時間遅く午後3時となっており、66周におよぶ初戦はどのようなバトルが繰り広げられるのだろうか。これまでレースがしたくても出来なかったドライバーたちの熱い思いがぎっしりと詰まった戦いだけに、より一層白熱の走りを目にすることができそうだ。
 

■主なタイムスケジュール

7月18日(土)
16:00 – 17:30 公式練習
17:30 – 17:40 : GT300
17:40 – 17:50 : GT500
 

7月19日(日)
09:30 – 10:13 ノックアウト予選(Q1)
09:30 – 09:40 : GT300 A組
09:48 – 09:58 : GT300 B組
10:03 – 10:13 : GT500
10:23 – 10:51 ノックアウト予選(Q2)
10:23 – 10:33 : GT300
10:41 – 10:51 : GT500
12:30 – 12:50 ドライバーアピアランス
13:00 – 13:20 SGTドライバートークショー
13:40 – 14:00 ウォームアップ走行
14:00 – 15:00 スタート進行
15:00 – 決勝レース(66Laps)










スポーツカーの中古車情報ならGTNET