SUPER GT第1戦決勝、悪天候の中、レースは赤旗終了に 詳細ページ(15113) - イベント・レースレポート

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. 国内イベント・レースレポート
  3. SUPER GT第1戦決勝、悪天候の中、レースは赤旗終了に

SUPER GT第1戦決勝、悪天候の中、レースは赤旗終了に




2019年SUPER GT初戦の舞台となった岡山国際サーキット。決勝日の4月14日は、朝から不安定な天候となり、お昼前から雨模様に。そして決戦を前に本降りへと変わっていった。結果、午後2時30分のレースはセーフティカー先導のスタートとなり、4周目から実質レースとなったが、コース上では多重クラッシュやGT500のトップ争いが絡む接触など荒れ模様に。セーフティカーのコースイン、赤旗中断等を繰り返した。結局31周を終えた時点で2度目の赤旗中断になり、そのまま天候回復が難しいと判断。これをもってレースが終了する結果になった。
 

完全なウエットコンディションとなった決勝直前のウォームアップ走行では、全車がレースウィーク初となるウエットタイヤを装着して出走。タイヤ選択を含め、ぎりぎりまで最善の準備を進めていた。雨が続く中、レースはセーフティカー(SC)スタートの判断が下され、3周終了時点でSCアウト。4周目から本来のレースへと変わる。早速1コーナー先でトップ争いが繰り広げられたが、ポールスタートのNo.23 MOTUL AUTECH GT-Rがトップを死守。逆に2番手だったNo.12 カルソニックIMPUL GT-Rは3番手のNo. 1 RAYBRIG NSX-GTにバックストレートでかわされポジションダウン。その矢先、GT300車両が通過した1コーナーで2台がクラッシュしており、いきなりSC導入となる。リスタートは11周目。すると、満を持したかのように2番手の1号車が23号車を1コーナー先で逆転。トップを奪取した。続く3番手のNo.17 KEIHIN NSX-GTもたやすく23号車を逆転。NSX-GTの2台がワン・ツーを形成した。だが、13周目の2コーナー先、モス・エスで今度はGT300車両による多重クラッシュが発生。スポンジバリアが飛び、クラッシュパーツがコース上に散乱する状況であったことから、赤旗中断となってしまった。
 

レース再開は午後3時45分。再びSCランの形で周回を重ねる中、レースは20周に再始動。上位のNSX-GT勢は、1、17号車に続き、23号車をかわしたNo. 8 ARTA NSX-GTが3位にポジションアップ。トップ3を独占する。一方、トップ2台の差がみるみるうちに縮まり、24周目の1コーナーでその2台が接触。17号車が1号車を追突する形で1号車がアウト側のグラベルへと追い出されてしまう事態となる。これで再びSCランとなるが、ほぼ時を同じくして今度はGT300車両が単独クラッシュ。その後、隊列を整えるたえにGT500、GT300のクラス分けをしながら走行を続けていたが、雨脚がさらに強まり、レース続行が難しいという判断から、午後4時半前、32周途中で2度目の赤旗提示となった。
 

その後、正式にレース打ち切りが発表され、中断のまま終了。82周によるレースながら30周終了時点での結果が採用されるため、入賞ポイントは半分となった。また、接触が検証されていたトップ争いについては、17号車へのペナルティが決定。レース結果にタイム加算されたことで、開幕戦の勝利は30周の時点で2位につけていた8号車のもとへ転がり込んでいる。
 

一方、GT300クラスでは、予選でフロントローを奪ったNo.55 ARTA NSX GT3とNo.96 K-tunes RC F GT3の2台が激しいつばぜり合い。55号車は高木真一、96号車は新田守男がドライブしていたが、ふたりはかつてコンビを組んでいたこともあり、ともにGT300クラス最多勝利を競う関係でもある。このベテランドライバーによる丁々発止が繰り返されたが、そのペースアップしきれない55号車を96号車がかわしてトップに立った。その後、レースは多重クラッシュや接触によるSCランや赤旗を繰り返したことから、トップは変わらず。また雨量の増加で2度目の赤旗中断となり、その後レース終了の判断が下されたことにより、96号車の優勝が決定。96号車は地元岡山でのシーズン初優勝を達成することになった。
 

第1戦岡山 決勝結果 各クラストップ3
GT500
1.No. 8 ARTA NSX-GT(野尻智紀/伊沢拓也組)1:53’35.505 30Laps
2.No.23 MOTUL AUTECH GT-R(松田次生/ロニー・クインタレッリ組)+1.227
3.No.12 カルソニックIMPUL GT-R(佐々木大樹/ジェームス・ロシター組)+2.781
 

GT300
1.No.96 K-tunes RC F GT3(新田守男/阪口晴南組)1:54’00.337 30Laps
2.No.55 ARTA NSX GT3(高木真一/福住仁嶺組)+2.092
3.No.52 埼玉トヨペットGB マークX MC(脇阪薫一/吉田広樹組)+3.885










スポーツカーの中古車情報ならGTNET