玉石混交の2017年、さらなる激戦は必至! 詳細ページ(11287) - イベント・レースレポート

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. 国内イベント・レースレポート
  3. 玉石混交の2017年、さらなる激戦は必至!

玉石混交の2017年、さらなる激戦は必至!




4月22、23日の2日間、三重・鈴鹿サーキットにおいて全日本スーパーフォ0ミュラ選手権第1戦が開催される。昨シーズンは、参戦車両の供給タイヤがブリヂストンからヨコハマに変更され、試行錯誤が続くチームやドライバーの姿も見られたが、パッケージとして熟成が進んだ今シーズンは、またひと味もふた味も異なる戦いが展開されそうだ。

 

■予選から僅差の争いに
鈴鹿サーキット、富士スピードウェイでの公式テストを経て迎える2017年シーズン。開幕戦に顔を揃えるのは、11チーム19名。うち、外国人選手が6名。そして、日本最高峰のカテゴリーにデビューを果たすルーキーは5名と多く、4名が外国人選手となる。一方で、チャンピオン経験のあるドライバーも5名となり、ベテラン、強豪がひしめいている。よって、タフな戦いが繰り広げられるという想像が容易につくのは言うまでもない。

 

まず、ルーキーから紹介しよう。昨季GP2チャンピオンのピエール・ガスリー。F1に近いドライバーと聞けば、昨季、スーパーフォーミュラで躍進したストフェル・バンドーンの再来をイメージするかもしれない。欧州での激戦で勝ち抜いてきたタフさを遺憾なく発揮したバンドーン。チャンピオン争いに食い込むことはできなかったが、ポールポジション獲得にとどまらず、シーズン中の勝利も果たし、今季は見事F1ドライバーのシートを射止めた。初めて走る日本のサーキット、初めてドライブするSF14…などという状況は、もはやハンディではなく、置かれた環境にいち早く対処できるスキルがあるからこそ、遥か彼方にある日本でのレースに挑戦するといえる。それは、ガスリー、そしてマカオGPで連勝した経験を持つフェリックス・ローゼンクヴィストにとっても同じこと。この先のキャリアにプラスだからこそ、このカテゴリーで戦うことを決意したのだ。

 

一方、日本でステップアップカテゴリーを経験し、待望のトップカテゴリーへと昇りつめたのが、ニック・キャシディとヤン・マーデンボローのふたり。キャシディが2015年の全日本F3王者、マーデンボローは昨季の同カテゴリー2位。すでにSUPER GTではGT500に参戦中と、実力あるドライバーとして高い評価を得ている。そして唯一の日本人ドライバーが昨季のF3チャンピオンである山下健太。F3でのチャンピオン争いを繰り広げた彼らも、外国からのルーキーに先行はさせまいと、意気込んでくることだろう。

 

■熟成進むSF14の最速ドライバーは誰に?
ニューカマーを迎え撃つドライバーの布陣もバラエティに富む。なにしろ戴冠経験者が5名。彼らはみな、シビアな戦いをくぐり抜け、ドライビングテクニックだけでなく、メンタルな強さも培われたドライバー。実績という多くの引き出しを持っているだけに、いかなる状況でも速さ、強さを披露できることが強みでもある。さすがにヨコハマタイヤ元年となった昨季は、これまでのブリヂストンタイヤの特性とは異なるテイストに、若干の違和感を覚えたり戸惑いを見せた部分があったことは否めない。しかし、存分なデータを得た今季は、しっかりと戦略を立て、臨戦態勢で臨んでくるだろう。

 

新旧入り乱れて戦うドライバーたちの戦闘車両、SF14も熟成が進み、より僅差の戦いになることは間違いない。それを一番体感できるのは、やはりノックアウト方式の予選だといえる。全車アタックするQ1からQ2に駒を進めることができるのは、19名のうち上位14名。さらにQ3には上位8名しか進出することができない。アタックに向かうタイミング、タイヤのグリップレベルを最大限引き出すテクニック…すべてが一体化しなければ、ライバルとの戦いを制することはかなわない。また、緊迫したアタックラップは時としてミスにつながり、まさかのコースアウト…というシーンも時として見られる。それほどギリギリの戦いをしているドライバーの様子を、シーズン幕開けの鈴鹿で、ぜひ見届けてほしい。

 

■主なタイムスケジュール
・4月22日(土)
10:10〜11:10 フリー走行
11:20〜12:00 ピットウォーク
14:00〜   公式予選(ノックアウト方式)
14 : 00〜14 : 20 Q1(19台→14台)
14 : 30〜14 : 37 Q2(14台→ 8台)
14 : 47〜14 : 54 Q3
17:20〜17:50 キッズピットウォーク

・4月23日(日)
08:50〜09:20 フリー走行
11:55〜12:35 ピットウォーク
13:40〜 決勝(35Laps)










スポーツカーの中古車情報ならGTNET