1400 HP Thai Supra 詳細ページ(16843) - イベント・レースレポート

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. 海外イベント・レースレポート
  3. 1400 HP Thai Supra

1400 HP Thai Supra




1996_ toyota_c_f_lip_ - 1

この1400馬力の80スープラはタイらしくない。アグレシブなワンオフエアロや派手なチタンワークもなく、今回は全てパワーだ!

StreetmetalやChad Burdetteのカメラレンズを通じて紹介してきた数多くのチューナーが有名にした派手なスタイルに比べ、この1996年スープラはタイのイメージには当てはまらない。 少なくとも外から見るとすぐわかる。東南アジアから紹介される数々のプロジェクトカーは、外装も内装もワイルドで、珍しいスワップが行われてもおかしくはない。
 

この事もあり、Anusit Audompunの80スープラはタイ以外でチューニングした様に見える。この地域独特の大量チタン使用、ワンオフワイドボディーやカーボンファイバーエアロもない。多数のメーターから光るブルーイルミネーションもない。カーボンファイバーフロントリップスポイラー以外の外観チューニングは何もない。
 

しかし、スープラオーナーはどんなにノーマルっぽいルックスに近づけようとしても、純正ホイールとタイヤは流石にNGだ。だからフロント18×9.5 、リヤ10.5のVolk CE28にフロント235 、リヤ 265 のYokohama AD08Rタイヤを履かせている。ブロンズ色のホイールとペアされているのはフロント370mm 、345mm リヤEndlessローターとモノブロックキャリパー。Tein Flex 車高調ダンパーで加速、減速とコーナリングのサポートをしている。しかし、他のプロジェクトカーに比べ、ホイールとタイヤだけ見ると仕様はマイルドに見える。
 
1996_ toyota_c_f_lip_ - 1 (1)1996_ toyota_c_f_lip_ - 131996_ toyota_c_f_lip_ - 24

1996_ toyota_c_f_lip_ - 21996_ toyota_c_f_lip_ - 211996_ toyota_c_f_lip_ - 10

Anusitはスープラチューニングの初心者ではない。彼は、過去にスープラを何年間も所有したこともあるが、仕方なく手放すことになり、R34GT-Rで妥協したという。数年が経ち、また90年代フラッグシップのステアリングを握る機会が訪れ、友人がちょうど一台売りに出していたので、理想のチャンスがきた。
 

外観と同じく、Anusit のキャビンはほぼノーマル状態だ。Bride Stradia “Japan” editionシートと Nardiステアリング以外のチューニングパーツは見当たらない。ボンネットラッチを引くまでは、純正プラスαのテーマだという。
 

とあるハリウッド映画に出てくる車とは違い、この2JZ-GTE は期待を裏切らない。この伝説的なの2JZエンジンからパワーを引き出すために、シングルターボやチューニングパーツがぎっしり詰まっている事くらいは想像していただろう。しかし、おとなしい外観に比べ、ここまで本気のエンジンチューンは予想できなかったはず。
 
1996_ toyota_c_f_lip_ - 181996_ toyota_c_f_lip_ - 71996_ toyota_c_f_lip_ - 26

1996_ toyota_c_f_lip_ - 151996_ toyota_c_f_lip_ - 231996_ toyota_c_f_lip_ - 4

エンジン内は通常の3.0リッターパーツを全て取り外し、3.4リッターMRXクランク、コンロッド、と87mm CPピストンを組み込んだ。3.4リッター排気量のエンジンはBCカムシャフトにTitan調整式カムギヤで燃調も最適化されている。吸気側にはカスタムチャージパイプと、美しいCustom Plenum Creationsカーボンファイバー・ビレット製インテークが使用されている。
 

排気側にはローカルのAor77が作成したエキマニに、TiALウェーストゲートが制御する巨大なPrecision 8685タービンがマウントされ、そこから4インチの配管を通り、排ガスはHKSマフラーへ。Haltech 2500管理のもと、完全強化されたこの2Jは1470HPというモンスターパワーを発生している。 びっくりすることにこの車はストリート用であり、Anusitはタイの公道で(どの公道でも)このパワーを使うのは難しいという。しかしECUでは色々なセッティングが可能なため、心配はない。そのお陰で彼はよく友達と走りに行っている。
 

ここ数年タイからレポートしてきた車を遡ってみると、今回のスープラは一味違うのが分かるはずだ。だからこそ逆に目立つかもしれない。エンジンからとんでもないパワーが出てくる事はびっくりしない。しかしこのパワーが大人しいボディーと組み合わせられていることが一番のびっくりだ。
 
1996_ toyota_c_f_lip_ - 121996_ toyota_c_f_lip_ - 1 (1)1996_ toyota_c_f_lip_ - 20

1996_ toyota_c_f_lip_ - 91996_ toyota_c_f_lip_ - 171996_ toyota_c_f_lip_ - 6

 

Tuning Menu

オーナー:Anusit Audompun
出身地:Bangkok
職業:Frame factory Aor77 shop owner
Instagram:@aor_77_shop
 

エンジン BC カムシャフト、バルブスプリング; Titan 調整式カムギヤ; CP 87mm ピストン; MRX コンロッド、 3,400cc クランクシャフト; Precision Turbo 8685; TiAL ウェーストゲート; Aor77 エキゾーストマニホールド;Garret インタークーラー; Siemens 2,200cc インジェクター; Aeromotive FPR; Deatschwerks フュエルポンプ; Haltech Elite 2500 ECU; GReddy Profec; Custom Plenum Creations ビレット製・カーボンインテークマニホールド; HKS 4インチマフラー
パワー 1,470hp
駆動系 6-speed trans; ATS triple-plate clutch; KAAZ 2-way limited-slip
足回り TEIN Flex
ホイール・タイヤ Volk CE28 18×9.5 +18 front, 18×10.5 +15 rear; Yokohama AD08R 235/40-18, 265/35-18
ブレーキ Endless monoblock calipers, 370mm front, 345mm rear rotors
外装 カーボンファイバーフロントリップ
内装 Bride Stradia II Japan シートin Venus; Nardi ステアリング

 
1996_ toyota_c_f_lip_ - 251996_ toyota_c_f_lip_ - 141996_ toyota_c_f_lip_ - 22

1996_ toyota_c_f_lip_ - 31996_ toyota_c_f_lip_ - 111996_ toyota_c_f_lip_ - 19

1996_ toyota_c_f_lip_ - 81996_ toyota_c_f_lip_ - 16

記事提供元
SUPER STREET ONLINE










スポーツカーの中古車情報ならGTNET