TUNING FESTA 2011(チューニングファスタ) | 中古車検索・中古車情報はGTNET

スポーツカー専門 GTNET

TUNING FESTA 2011 in 岡山国際サーキット 2011.11.20

TUNING FESTA 2011

 

関西のチューニングシーンでは秋の恒例イベントとしてすっかり定着しているチューニングフェスタ。雑誌でおなじみのショップデモカーや激速のトップアタッカーたちが集う、西日本最大のサーキットイベントなのだ。目玉はなんといっても有力チューナーたちが組み上げた珠玉のチューンドカーが繰り広げるスーパーチューナーズバトル。景気の停滞に伴い、近年は参加するショップも激減していたが、今年はパイプフレーム化されたカキモトレーシングのNSXをはじめ、藤田エンジニアリングやガレージ伊藤など、蒼々たるメンツがNEWマシンを持ち込んだ。

このイベントのもうひとつの目玉であるのが、クラスごとにユーザー最速の称号を争うマイスターカップだ。
全国各地からハイチューンドのユーザーカーが集まり、激闘のフルコースバトルに挑んだ。
また、S2000フェアレディZポルシェRX-8マツダロードスターなどの車種別レースクラスも設定。同じ車種同士の超接近バトルも見ものだった。

TUNING FESTA 2011 TUNING FESTA 2011

強豪ショップの猛追を制し、3連覇を成し遂げたのはオートセレクトのBNR34。戸田のRB3150キットとT51R SPLタービンの組み合わせで850psを発生する。

TUNING FESTA 2011 TUNING FESTA 2011

どちらもドンガラの状態から徹底した軽量化と補強を行ってボディを作り込み、今回がシェイクダウンとなった藤田エンジニアリングのFD3Sとガレージ伊藤のBNR34。


TUNING FESTA 2011 TUNING FESTA 2011

レースの合間のピットウォークでは、普段は雑誌でしか見ることができないモンスターマシンを一目見ようと、大勢の観客がピットロードに押し寄せた。

TUNING FESTA 2011 TUNING FESTA 2011

メインスタンド裏のイベントスペースでは、チューニング雑誌のオプション誌が創刊30周年を記念して、読者ミーティングを開催。約200台のチューニングカーやドレスアップカーが集まり、雑誌掲載用の撮影会も行われていた。



 





スポーツカーの中古車情報ならGTNET