ホンダCR-Zマイナーチェンジ情報 2012年 | スポーツカー専門店のGTNET

スポーツカー専門 GTNET

ホンダCR-Zマイナーチェンジ情報

9月27日正式発表予定のNEW CR-Zはエンジン・バッテリーの変更と、新たな"PLUS SPORTシステム"で、よりスポーツ仕様に!!

2012年9月5日更新

9月27日にマイナーチェンジモデルが正式発表

2010年2月に初のスポーツ仕様のハイブリッドカーとして、世間のスポーツカーファン&ユーザーの注目を浴びたCR-Z。今シーズンは、SUPER GT参戦や、ワンメイクレース等でモータースポーツ業界を盛り上げている。そんなCR-Zが約2年半ぶりにマイナーチェンジされることが、様々なWEBで報じられている。今回、それらの情報をGTNETなりに、まとめて紹介します。

グレードは、β、α、α・Mastar Labelの3グレード

基本グレードのβ(ベータ)、中間グレードのα(アルファ)、最上級グレードのα・Mastar Label(アルファ・マスターレーベル)は、 インテリアの装飾、レーザーシート、17インチアルミホイール、メタル製ペダル等スポーティな質感や個性を出す仕様となっている。

主な変更点

エクステリア

・フロントバンパーと、リアディフューザーデザインの変更。
・LEDポジションランプは片側4灯から8灯に変更。
・塗装色はイエローのメタリックと、バイオレットのパールを新色として追加


新たに "PLUS SPORTシステム" 採用

新採用のリチウムイオンバッテリーを活かした、走りの楽しさを強化、ボタンを押してアクセルを踏む事で、MAXパワー出力が出せるPLUS SPORTシステム。

エンジン/IMAユニット関連

エンジンの仕様がLo-Hi VTECにチェンジしパワーが数ps増し、またバッテリーの仕様がリチウムバッテリー15kwに変更となり、電圧がアップした事で、いままで以上にスポーツ走行が楽しめる仕様に改良されたと思われる。

  現行モデル マイナーチェンジ後
エンジン 仕様 1.5L 1バルブ休止VTEC
1.5L Lo-Hi VTEC
6MT 114ps 120ps
CVT 113ps 118ps
バッテリー ニッケル水素10kw リチウムバッテリー15kw
システム出力
6MT
6MT 124ps/6000rpm 136ps/6600rpm
CVT 123ps/6000rpm 135ps/6600rpm
システムトルク
6MT
6MT 174Nm/1000-1750rpm 190Nm/1000-2000rpm
CVT 167Nm/1000-2000rpm 172Nm/1000-3000rpm
燃費CVT 6MT 20.6Km/L 20.6Km/L ※16インチ仕様
CVT 22.8Km/L 23.0Km/L ※16インチ仕様


※上記は事前情報の為、実際の仕様と異なる場合がございますので、参考までにお考え下さい。

CR-Z
CR-Z

 


中古車情報のGTNET