GTNET岡山

スポーツカー専門 GTNET

  1. スポーツカーの中古車ならGTNET
  2. GTNET岡山
  3. ボールジョイントの寿命

GTNET岡山

GTNET岡山086-738-0300
2020年10月8日

ボールジョイントの寿命


休日はサーキット用の86をメンテ中でも、急にドライブ行きたくなってプライベート用のBRZを引っ張り出して走りに行きます。

はいどうも、GTNET岡山サービスのメカマンです。

 

今回の作業はスズキのカプチーノの車検整備でステアリング関係の部品交換をやっていきm・・・

え、「先日のカプチーノの続きだろ」って??

・・

・・・

その通りです!!!

(あまり長い文章だと目が疲れるかなと思いまして、分けましたww)

 

実はもう1つ重要な箇所がありまして。

ステアリング関係の重要部品で、タイロッドとタイロッドエンドという部品があります。

IMG_2359IMG_2358

このジャバラのブーツから出てる細い棒。

これ、接続部にボールジョイントが使われてまして、けっこう大きなガタがありました。

写真だと一見普通なのですが、実際タイヤを左右にゆすってみると、右もですが特に左がもうガッタガタwww

しかもロッドエンドだけじゃなく、タイロッド自体のボールジョイントもガタがありました。

恐らく、ジョイント部のグリスもほぼ飛んでると思います。

こうなればもう新品に交換するしかありません。

 

では早速やっていきます。

まずはロッドエンドの固定ナットを緩める前にマーキングしておきましょう。

次に固定ナットを緩めておき、ナックルからロッドエンドを外します。

次にジャバラホースを外すと、タイロッド本体のボールジョイント箇所が出てきますので、ロックシートを起こして頑張って緩めるとタイロッド本体が外れます。

IMG_2415

 

外したタイロッドを並べてみました。

片方がもう完全にグリス無くなってジョイント部のホールドもありません。

手で押したり引いたりするとカタカタと伝わってきます。

ではここで新品を見てみましょうか。

image0

新品はちゃんと白いグリスが詰まっていて、カタカタどころかジョイント部がまだ固いのでビクともしないですw

ではこれを付けてトルク締めしたあと、ロックシートで緩み留めをします。

image1

 

 

 

ここまできたら、あとはジャバラホースと固定ナットとロッドエンドを付けてナックルと繋げばオッケーですかね。

余談ですが、ロッドエンドを新品で発注すると新品のキャッスルナットとボールジョイントブーツが組まれた状態で来るので、必然的にロッドエンドのボールジョイントブーツも交換されたことになります。笑

IMG_2413IMG_2414

 

各部トルク締めしてタイヤホイールを付けて降ろし、最後にサイドスリップを点検調整して完了です。

ハンドル操作が若干良くなった(と言うより元に戻った)・・・気がしますww

まぁこれでガタも無くなったので安心して車検に通せますね。

 

今回もご利用ありがとうございました♪

ではまた!!

 




スポーツカーの中古車情報ならGTNET